あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

遊びてぇ!w


明日学校へ行くサヤです。

いや~今日は楽しかったですww

とりあえず、昨日は12時にねたんでいつもより少し起きるのが早かったんですが、

お昼の12時ほどまでメイポして、ゴロゴロしてたんですよ。

やることないし、久MGS3をしてみよう。ということで三週目。

最初のあんなところにSVDがあったなんて!(*゚ロ゚)!

なんて感じでやってました~。

んで途中に電話がかかってきまして、

サヤ 「もしもし?」     K  「もしもし、サヤくんいますか?」  サヤ  「俺やで?」

K  「暇やしキャッチボールでもせーへん?」  サヤ  「暇やしなぁ、やりますかw」

ということで、家の近くにあるグラウンドで久しぶりに体を動かすことにw

K  「あの○○のせいで無理になったしwww」(恋の事ですねぇ~)

サヤ 「wwwwwwwwwwどんまいwww」

サヤ 「そういやぁ、あいつ別れたらしいなwww」

K  「メールで「別れてくれへん?」ってきいたんやろwww」

そんな話をしながらキャッチボール♪

ボールを見るのが久しぶりなわけで、コントロールが定まらなかったですねぇ…

んで休憩。

サヤ  「暇やなぁ」        K  「誰か勉強してない人おらん?」

サヤ  「松子だな、働いてそうだが…」        K  「wwwwどうしますよw」

ということで、        (*`д´) 「ドライブやドライブ」   サヤ  「wwwww」

ということで町をぶらぶら回ってみる事にwwww

まぁ二人でおるのもなんなんで、友達を誘ってみる事にw

サヤ  「勉強しとった?」      T  「いやwww何もしてへんかったよww」

ということで合流。


サヤ  「あいつんちいかへん?w」   K  「wwwwwwwwいこいこww」

あいつと言うのは松子のブログで紹介していた方でございます。兄貴さんがCDをだしていた彼でございます。

お婆ちゃん 「はいぃー?」     T  「F君いますか?w」

お婆ちゃん 「今塾いってるわ~」 T  「そうですか。…」

そんな会話をしながら小声で……

K  「絶対家おるやろwwwwwwwwwwwwwwwww」   サヤ  「居wwww留www守wwwww」

K  「あいつ何してるんやろなwwww」             サヤ 「気になるなぁwwww」

そんなこんなで道をブラブラ…

T  「このへんに心霊スポットあるからいかへん?w」

サヤ  「夏やからってwwwwwwいかんとこうぜwwwwww」

とヵいいながら付いていく俺でしたが…   まぁ付きまして、…

おっきい寺、にある入り口のような門があるんですねぇwwww

サヤ  「おいおいwwwmjdやめとこうぜwwwww」

K   「いこいこwww」

何かおいてあって入らないようにしてるのに、入って行ったんですねぇ…

ヒラヒラしてるの物体にビビルサヤです~w

後ろから驚かされてもビックリするよねぇwwwww

とりあえず蚊が多すぎです。

K  「サヤwww携帯で写真とろうぜwwwww」

サヤ  「いやいやwwwwのろわれるwwwww」

帰るときにすごく肩が重たかったんですが…何でしょうか?…

んでジュース買って、俺んちにくるということで、進行。

とりあえず、修学旅行、3組での集合写真を見に来ると言うことで行く。だそうでした…

んで、家ついて、写真を見てから家にあるマッサージ機にもたれて、マッサージをするという…

目的はマッサージ機だったんだね…

んでまぁ、T君はソウルイーターの一番新しい巻を読みぃ…Kはアルバムを見ながらマッサージをしてもらい…俺はMGS4をしぃ…

みんな違うことをしてましたwwwwwこうゆうのもたまには有りだね。www

今日はある意味楽しかったかなwwwwwまた心霊スポットんとこ行こなw って声かけられましたwww
また行ってきましたら、写真とりたいと思います…集合写真でもとろうや(*^m^)

ついでに言うと友達いわく、その心霊スポットは牧場だったそうです…(´・ω・`)敷地おっきいよーw

(;´・ω・`)ゞさて、終わります~

βyё βyё...φ(・ω・ `)

スポンサーサイト
  1. 2009/08/27(木) 19:47:57|
  2. 生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。