あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 30話 後

前回は800年前について鴻上会長とアンクが語ってましたね。では続きを──


──真アンクとカザリ──

二人は場所は変わらず同じ場所。野外階段にとどまっていた。

階段の外を見て下を行ききする人を眺める真アンク。

その横で逆方向に身体を向けて座っているカザリ、腰を上げて真アンクの方に向き直るカザリ──

人間体からグリード化。そしてグリードから人間体を繰り返す。

変身


手を差し伸べ不思議がる真アンク。

カザリ)やってみなよ。こうしとかないとうるさいから。

真アンクは階段から歩く人達に指をさす真アンク。

そして真アンクはグリードから人間体へと変化──その姿は子供の姿だった。

カザリ)いい子だね。君ならもう一人のアンクを取り込めるよ。コアごとね・・・

擬態




──ドクター旧家──

治療を済ませ椅子に座るドクターの元に知世子さんはスープの入った皿をドクターへと持っていく。

知世子)お口に合うといいけど・・・ うちのお店自慢のスープなんです。

両手で持っていたキヨちゃんを机に座らし片方の手でスプーンを取るドクター。

知世子)そのお人形・・・お姉さんの・・・

Dr.真木)私が小さいころから姉としか話せなかったので結婚前に。

仁美(姉))姉さんがいなくなっても、この子が姉さんだと思って。大丈夫、あなたは誰よりも優秀なんだから。

知世子)そばにいられなくなるのが心配だったんですね。

Dr.真木)永遠にいなくなると思いませんでしたが。

言葉を聞きうつむき加減で顔に手を持ってくる知世子さん。少し後に、

Dr.真木)物語がエンドマークで完成するように、人もまた死で完成する──

昔の回想でドクターの肩を持ち囁く姉。

知世子)え?

Dr.真木)姉の言葉です。その言葉通り姉は・・・

机の上に置いてるドクターの手に覆いかぶさるように手を乗せる知世子さん。

知世子)これからもずっと真木さんの中にいますよ。優しいお姉さんのまま・・・

重なり合う手を見つめ、知世子さんの方へ目を向けるドクター。

Dr.真木)姉さん・・・



──どこか高架下──

シャチパンダヤミーの胸の部分が光を放ち、欲望、メダルの量が増えていく描写が映る。

ヤミーは鳴き声を出しながら両手を上へ向けているのだった──



──クスクシエ──

アンクの後ろでタンクの上に乗っているゴリラカンが目を光らせ腕を回す。

オッオッオッオッオッオッ


伊達)お!パンダちゃんか。 ほれアンコ。

アンクの手を取り手のひらにメダルを置く伊達さん。

セルメダルの入ったタンクを肩に、ゴリラカンを手に皆に背を向ける伊達さん。

伊達)メダルの価値はある話しだったよ。

そう言いクスクシエを後にする伊達さん。

映司)アンク。いけるか?

靴を履きながらアンクに問う映司。

映司の方に一度目をやり、セルメダルを持った手を高々と上にあげそのままセルメダルをグリード状態の右手に入れる。

映司を先頭にアンクが店を後にする。その後ろで見守る比奈ちゃん。

アンク)≪オーズの力を使いすぎて、暴走した。≫

比奈)映司君・・・


──ヤミーの元へ向かう映司、アンク──

走ってヤミーの元へ向かう二人だが、急に映司が足を止める。

映司)アンク、肝心な事まだ聞いてない。お前と、もう一人のお前が一つになったら、どうなるんだ?

アンク)たぶん。弱い方が消える。

驚き目線を下げる映司。その横を歩き過ぎるアンク。

アンク)当然消える気はないがなァ。

映司を置いて走りだすアンク、

映司)アンク・・・

後を追う映司──


──ドクターの旧家──


腕が重なり合っている場面。

ドクターは重なっていない方の手はキヨちゃんに添えている。

その添えている手を離し重なっている手の方へ持っていこうとする。

そのとき、添えられた手がなくなり座っていたキヨちゃんは後ろに倒れ頭を机に当たる。

──昔の場面がよみがえる。昔の思い出、やさしい姉を思い出すドクター──

Dr.真木)≪違う・・・本当の姉さんはこんな人じゃない。本当の姉さんは・・・≫

今まで映っていたやさしい表情のドクターの姉の顔が崩れ、雰囲気ががらりと変わりきびしそうな表情の姉さんが映る。

Dr.真木)≪だから私は!≫

重なっていた手を振り払うドクター!そのとき横に置いてあった火のついたロウソクが倒れる。

倒れた瞬間、昔の描写──火事のとき、倒れて床に引火の原因となったロウソクを思い出すドクター。

知世子)! 大変!ごめんなさい、私・・・

そう言う知世子さんの前でキヨちゃんをすぐさま手にとり、知世子さんの腕をつかむドクター。

知世子)え!何、真木さん?

そのまま腕を引っ張り螺旋階段の元へ知世子さんを引っ張り、二人の間を鎖で塞ぐ。

知世子)あの・・・

Dr.真木)帰ってください。

知世子)真木さん・・・

真木は知世子さんとは逆の方向に歩きだし物陰に隠れる。

Dr.真木)帰って!!

ドクターがキヨちゃんを胸の前で持ち、不安そうな表情をする。

知世子)じゃあ・・・今日はこれで・・・またお店に来てくださいね・・・待ってますから。

螺旋階段を下り、そのまま玄関を出る知世子さん。

帰ったのを確認すると、ドクターは部屋の扉を木の板で塞いだ部屋の前に立つ。

木の板に力を外し、おそるおそるといった感じでドアノブをつかみ、一気に扉をあける。そこには──

火の海と化した部屋が映し出される!

火の海


その部屋の様子を見て恐怖、のような表情をするドクター。息が上がっている。

ドクターはキヨちゃんが地面に落ちたことに目もやらず、すぐさま部屋の扉を閉める。

扉を閉じ、そのまま壁にもたれ、座りこむドクター。

ドクターは今までにないほどの叫びをあげるのだった──



──木々に囲まれた道路──

シャチパンダヤミーが映る。

その先には知世子さんの姿。彼女はヤミーの存在に気づいていない!

知世子さんに歩み寄ろうとしているヤミーに対し、すぐ横の茂みから伊達さんがヤミーに飛びかかる!

そのまま反対側の茂みにヤミーと潜り込む伊達さん。

知世子さんはとっさに後ろを振り返る!が、何もない。不思議に思うもそのまま帰るのであった。


──落ち葉だらけの場所──

ヤミーと転がり、そのまま落ち葉の多い場所に付く伊達さんとヤミー。

体制を立て直す両者。

伊達さん ヤミー


伊達)今度こそお仕事させてもらうぜ。

メダルをにぎり、そのままメダルをドライバーにセット。 チャリン!

襲いかかってくるヤミーを避け、そのままドライバーを回す

伊達)変身! グイグイ カポーン!

身体から頭の順にバースの身体が出来上がっていく。

最初の攻撃はバース。相手の腹にキックをかます!

次の攻撃を入れようとヤミーに近づくバース。が、ヤミーが不思議なポーズを取る!

バース)! パンダ拳か! うお!

ヤミーは回転しながらの攻撃。といったような態度で攻撃を開始。

その攻撃を避けていくバース。最後に避けた時にはヤミーは背中から地面にこける・・・(´・ω・`)

その様子を見て、飛びかかるバース。

立場逆転。バースが地面に倒れ、ヤミーが立ち上がる。そのまま右手についた爪でバースを攻撃!

腹に二回程攻撃をもらうバース。

攻撃を避け、体勢を立て直すバース──ヤミーはまた不思議なポーズを取っている・・・

クレーンアーム

離れた所から走ってくる映司、そしてアンク。

目の先ではヤミーが出したシャチの背びれ攻撃と、それを防ぐバースが映る。

映司)伊達さん!

映司はすぐさま腰にベルトを装着。

アンク)また合体ヤミーか。

自身の前にメダルをかざすアンク。そのメダルをすぐさま取りドライバーにセットしながら走り出す映司。

キンキンキン!

タカ!トラ!バッタ!

      

シャチパンダヤミーのクローで腹を攻撃されるバース。

すぐさま、ヤミーの後ろにオーズが出現し、トラクローでヤミーの背を攻撃。

二対一の戦いが始まる──

ライダーが二人ということでもちろんこちらが優勢。

トラクローが活躍中。活躍中。

トラクローで攻撃し、そのままヤミーは少し飛ばされる。

鳴き声を上げながら、シャチの背びれ攻撃を発射!

二人は背びれの対処を開始!なんなく背びれは回避できた。が──

すぐさまその奥からくるヤミーの攻撃を二人してもらってしまう。

二人を飛ばしたヤミーは余裕♪って感じで片手を相手に向け手のひらを返す。

バースったく・・・面倒なヤミーだぜ・・・

)アンク!ここは一気にコンボで!

バース)おい!あんな話聞いといて気軽にやるな。暴走したいのか?

)・・・・・・

アンクの表情が硬い感じになっている。

その奥で──シャチパンダヤミーは落ち葉を拾い上げて鳴き声を上げてこちらに走ってくる。

バースはオーズの胸元(映像で見るとタカの部分)を一度たたくバース。

バース)ここは俺がでかいの決めっから! おわっと!

突進してきたヤミーを避ける二人。

バース)時間稼ぎ頼むわ!

オーズはヤミーをとっ捕まえて起こそうとする。そのヤミーはオーズに抱きつく感じの格好になる。

)アンク!

アンクは手の間にメダル一枚を持つ。

アンク)こいつだァ!

アンクがメダルをオーズに投げ渡す! オーズはヤミーを放り投げそれをキャッチ!

)サンキュ!

メダルチェンジするため、一ヶ所メダルを抜き、新しいメダルに入れ替えるオーズ。

その奥ではバースが──チャリン!グリグリカポーン! ブレストキャノン

メダルをスキャンしようとしたオーズに突進し、そのまま投げ飛ばすヤミー。

だが、オーズはそのまますぐに体制を直し、すぐに振り向きスキャン!

タカ!クジャク!バッタ!

二人は構え合い、そのままオーズは走りながらタジャスピナーからの火炎!

シャチパンダヤミーからは背びれを飛ばす!

そのまま二人の攻撃はぶつかり合いなくなり、そのままオーズがヤミーに近づき横腹にキックをかます!

その奥──チャリン!チャリン!チャリン!グリグリカポーン! セルバースト

バースはブレストキャノンを発射するためにセルメダルを使い溜めをしている。

チャリン!チャリン!グリグリカポーン! セルバースト

一方オーズは、相手の攻撃を手で受け止め、そのまま足による攻撃が続く。

ヤミーの攻撃がスカした後、オーズの方に背が向き、そのまま相手の背を蹴り、相手を地面にたおす!

グリグリカポーン! セルバースト

バースは何度かの溜めを終え、砲撃体勢を取る!

バース)充填完了!火野!よけろ!

その様子を見るオーズ。とっさに避ける。

オー)! おわーっと!

ブレストキャノンに集まるエネルギー。

バース)ブレストキャノン!シュート!

ヤミーが振り返るとすぐさまヤミーの腹に放たれたブレストキャノンの攻撃が直撃する!

そして、その攻撃に耐えられず、ヤミーは爆死!そのままメダルをばらまいた。


一息つくオーズ。

タカクジャクバッタ


オー)あ!メダル!伊達さんに帰さないと!

オーズはすぐさま散らばったメダルを一枚一枚せっせと拾って集めていく。

その様子を見るバース。

バース)はぁ・・・律儀というか・・・

アンク)馬鹿なだけだ。


オーズはせっせとまだメダルを拾っているのであった──



──ドクターの旧家──

叫んでいた状況と変わらない場面のような感じで夕暮れ。

Dr.真木)私は許せなかった・・・姉さんが離れていくことを・・・だから・・・

──ドクターが小さい時、姉さんに抱きいているドクターだがそれを突き放す彼女。
仁美)姉さんはいなくなっても、この子が姉さんだと思って。 大丈夫。あなたは誰よりも優秀なんだから──
  幼いドクターから離れていく姉。最後に振り向いて鼻で笑う感じの様子を見せる姉。
  その様子を見、姉から渡された人形を手から落とすドクター──

  夜。姉さんが眠っているベッドの横で火のついたロウソクを持ち歩く子供の姿。

睡眠


  ロウソクは溶けながら、綺麗に火を灯す。──そのロウソクを持ち歩く少年。ドクター。
  彼はそれを地面に投げつけ、床に炎が舞い上がる!すぐさま部屋は大火事状態──

Dr.真木)そう・・・私の中の姉さんはいつも笑顔をたたえている。やさしく微笑んでる。

  火事の中で髪の燃えた人形を拾う少年。

キヨちゃん


Dr.真木)死んで初めて完成する。

ドクターはキヨちゃんをいつものように肩に乗せる・・・ その時階段から足音が──

カザリ、そして真アンク。どちらも人間体だ。

カザリ)そろそろ答えが出たかと思って。僕と組むかどうか。

Dr.真木)答えは出ていました。最初から。世界を早く終わらせなければならない。うつくしく、優しいうちに。 いずれその人を醜く変える前に・・・

ドクターは胸元からペンのようなものを取りだしキャップを取る。

Dr.真木)良き終わりを・・・

そしてその先についているボタンを押すドクター。



──研究所──

ドクターの研究所の機会はショートしていってばかりいた。バン!(火花散る研究所)

ドクターが押したボタンに寄って自分で破壊。

そのとき伊達さん研究所に帰宅。

伊達)ただいまーっと!うお!火事か!うお!消火器消火器!うお!

研究所から数え切れないほどのカンドロイドが飛び出していく!

唖然として伊達さんはその様子を見ているのだった・・・



──川の横を歩く二人──

アンクと映司。二人は戦闘を終了し、二人は帰る感じで歩いている。

前を歩くアンクは何かに気づきふと上を向く。そこには橋。そしてその橋には──

カザリ──子供──Dr真木

真木 子供 カザリ


アンク)カザリ・・・

映司)真木博士も・・・なんで?・・・

そのとき子供から何かテレパシーのようなものをアンクに飛ばす!

それをキャッチしたアンクは頭を押さえるしぐさを取る。

映司)アンク!あの子・・・

子供は姿を変え真アンクの姿となる。

真木 真アンク カザリ


カザリ)アンク 君がアンクでいられるのも長くないかもね・・・

そのとき橋の奥から数千体のカンドロイドと、一枚の絵。(来たるべき週末)を運ぶカンドロイドが飛来する。

その後子供を先頭に、彼ら三人は違う方向へと歩み始めるのだった──





──次回の仮面ライダーオーズは──

???)  俺が借金帰してやる!
後藤)   研究所出るときに持ちだした物があるらしい・・・
鴻上)     まさか紫のグリードを目覚めさせようとはね・・・
Dr.真木)     完全な状態のグリードとなる・・・


                   ──第31話 恩返しとたくらみと紫のメダル──







やばい。Dr.真木見てるとすごいせつなくなっていた自分がいた。

が、寝返った瞬間結局良き週末なんなんだよな・・・と(´・ω・`)

三人が組んでどうなってしまうのだろうか。

そして次回はウヴァさんがヤミーを作る回。そして紫のグリードについての回。

次回予告では映司の目が紫いろに光って倒れていたけど、あれは紫のメダルに!かな。

ほんと・・・目離せないですな!研究所はダメになったっぽいしバースはどうなるんでしょうかね。

予告ではベルトを巻く姿がありますが、変身後の姿──バースは映ってないんですよね。

さーて!伊達さんどうなんの!


前回はちょっと時間がなかったので終わり方が不憫でした。もっと時間に余裕を持って使いたいと思います・・・

それでは、また今度。

サヨ~ナラ~(0w0)o尸
スポンサーサイト
  1. 2011/04/18(月) 22:13:14|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 31話 前 | ホーム | オーズ 30話 前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/556-24739d8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。