あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 32話 前

昨日甲子園行ってきました。6-2で勝利です。

いろんなところで見ましたけどライナービジョンに

今年初めての甲子園! 勝ってくれたら、それはとっても嬉しいなって (鹿目まどか・兵庫県)

と流れてたらしいね(´・ω・`)

自分は今回まったくビジョンみてなかった・・・ま、まぁ勝ったしいいよね!


サヤです。

今日新コンボお披露目!でしたが先週CMで姿見せてましたねぇー。

謎の紫のメダルとは一体──


前回は坂田さんの欲望であるクロアゲハヤミーを倒した後、オーズの体内に紫のメダルが入っていき、

そのままオーズの変身は解かれ、倒れる映司。映司は病院へと運ばれる。



本編──


場所は病院。ベッドの上には映司が横になっている。

部屋には映司、アンク、比奈、伊達、後藤の五名。それぞれ皆沈黙している。

病室


コンコン

扉をたたく音。入ってきたのは白衣を着た医者の男。

医者)お待たせしました。伊達、

伊達)おう。わりぃな、無理いって。

伊達さんは医者から映司の胸部のレントゲンの写真を受け取る。

伊達)あれ、何も映ってないな・・・

比奈)え?

レントゲンを見やり立ち上がる後藤さん。

医者)あぁ。異状なしだ。血液検査もしたし、俺としては健康としか言いようがないな。ま、少し寝たら目覚めるだろう。ここ、明日まで押さえてるから。 じゃ。

伊達)わりぃな。

レントゲンを医者に帰し、医者は部屋を後にする。

比奈)どうして・・・

アンク)人間の道具じゃメダルは映らないってことだァ。

後藤)お前本当にわからないのか!?あのメダルの事!

アンク)アァ。

後藤)でもコアメダルといえばグリードn

アンク)くどい!!

アンクの方へと歩み寄ろうとする後藤さん。の肩に手を置きとめる伊達さん。

伊達)まぁまぁまぁ、とにかく火野が目ェ覚ますのを待って・・・

伊達さん、そして比奈ちゃんは映司の方を向く。

比奈)映司君!

映司は起き上がっていた。

映司)え? あれ?

状況が読めていない映司である──


──真木の家──


カザリ)なんでオーズに紫のコアメダルが・・・

椅子に座り考えるカザリ。

Dr.真木)おそらく器としてのオーズに引かれたんでしょう。グリードの欲望通り完全復活できる身体を求めて・・・

カザリ)オーズなんて・・・下手したら封印されるだけじゃない。

Dr.真木)紫はかつての戦いを知りませんからね。現代で初めて生まれたんです。 それに、暴走しなければいいだけの事。 グリードと同じです。

ロストは奥で紫のメダルが入っていたと思われる入れ物を持ち、それを見ている。

カザリ)そうだね。紫のグリード。

Dr.真木)今のところ心配はありません。ヤミーもしっかり生まれていますし。



──ビルの屋上──

二体のヤミー。プテラノドンヤミーの姿がある。

ヤミー


プテラノ♀)うずまいている・・・

プテラノ♂)うずまいているなァ 欲望が。

プテラノ♀)人の命の源が。

プテラノ♂)では、全てを無に。

プテラノ♀)無に!

二体のヤミーはそう言うと、羽を使い空へと飛び立つのだった──


──OP──


カウント ザ メダルズ 現在オーズの使えるメダルは──

カウント ザ メダルズ

タカ×2 クジャク×1 バッタ×1 トラ×1 ゾウ×1 サイ×1 ゴリラ×1 シャチ×1 タコ×1 ウナギ×1




──病院──

伊達さん達は病室を後にする。もちろん映司も一緒に。

伊達)俺等、医局寄っていくわ。後藤ちゃん、お金ある?

後藤)はい。

伊達さんと後藤さんは医局へ向かうため、映司達と別れる。

二人と別れた映司、アンク比奈ちゃんは別の道を歩む。

と、その進行方向のベンチには坂田さんの姿。

坂田)大丈夫なの?

映司)坂田さんまで。




──ビルといった感じの店──

店に入って行く者。建物の中で買い物をする人。人それぞれだ。

そのビルの上空を飛ぶ二つの姿。

その二つの姿はビルの屋上へと着地する。

そこでは何か作業している人達がいる。

音をした方向をみる作業員。日常的に見ないものを見、悲鳴を上げる。

その姿を見て腰が抜けていく人たち。

プテラノ♂)ここだな。欲望の渦。

プテラノ♀)全てを・・・無に。

プテラノ♀は少し首コキをし、その後口から黒い霧を発生させる!

黒い霧


それに触れた人達はみな苦しみ、姿を消してしまった!──



──病院の外──


坂田さんと合流し、歩く映司達。伊達さんたちはまだのようだ。


坂田)俺さぁ、やっぱ間違ってたのかな。 先生の奥さんと娘さんに金届けていたこと。


鈴香)≪うちのお母さんすっかり甘えちゃって、仕事休んだり買い物で借金まで!・・・このままじゃダメになって・・・≫

比奈)でもそれは・・・

坂田)たまたまだっつーんだろ?

後ろを歩く映司達に振り返る坂田さん。

坂田)でもさ、あんた。人を助けるときはそのたまたまがあるのを忘れるな。って言ったじゃん?そんなこと考えたこともなかったし。ぶっちゃけ、あの怪物まんま・・・っつうか・・・

ベンチに座り身体を伸ばす坂田さん。

坂田)あーもーやだ俺。 いい事して恨まれたらたまんねーし。

映司)俺も同じですよ。いっぱいしっぱいしてます。

奥の道から伊達さんと後藤さんの姿が現れる。

映司)貧しい国に募金してたつもりが悪い人に使われちゃってたりひどい時は内戦の資金になってたり。

坂田)いぃや、資金てどんだけだしt、

映司)それで思ったんですよね。人が人を助けていいのは、自分の手が直接届くところまでなんじゃないかって。

坂田さんに向かい両腕を広げる映司。

手の届く範囲で。


映司)俺は・・・こんぐらい。 まぁ、届かないことはありますけど。

映司の言葉を聞く場の皆。

映司)欲望だとしても こんぐらいなら。手におえますしね。

話が終わり坂田さんは自分の腕を両側に開く。

坂田)そっか・・・こんぐらいか・・・

映司は坂田さんにうなずく。

その坂田さんの座っているベンチの横に座るアンク。それを見、鼻で笑う。

その時アンクは感じ取る。

アンク)ヤミーだ!

腰をあげ、ヤミーの場へと向かうのだった──



──プテラノドンヤミー──


天井にプテラノ♀の姿。♂の姿は見えない。

プテラノ♀はまだ屋上で黒い霧を出している。

その煙は下の建物内にも入って行き、中にいる人は苦しみ、そして消えていっている。

そこのビル前に映司、アンク、後藤、伊達さん達が到着する。

場所へついて、周りを見渡す、逃げるためにはしる人々。

しかしビルの上を見てみると黒い霧が大量に出されている。

伊達さんは逃げる人をつかまえて事情を聴く。

伊達)何かあったのか!?

女)黒い変な煙が触った人が消えちゃって!

女はそれだけ言うといそいそと逃げていった。

その時ビルの方から飛行物体が映司達の前に着地する!

プテラノ♂)フフフフフ・・・

少しずつ近づいてくるヤミー。まだ逃げている人達は多い。

伊達)また変なのが来やがったぞ。

映司)でも!あのヤミーって何の!

プテラノ♂)我々は消しさる者!

アンク)何ィ?

プテラノドンヤミーは映司達に近づき、口から炎を発射する!

四人はそれを避ける。映司、伊達さんは変身体勢へ。

映司)アンク!

アンクはメダルを映司へと投げる。

体勢を立て直し、ドライバーにメダルを三枚セット。伊達さんもベルトを巻きセルを構える。

映司 伊達))変身!

キンキンキン!

タカ!トラ!タコ!

チャリン!グイグイカポーン!

変身!


変身後、ヤミーの元へ向かうオーズ。バースは向かう前に後藤さんへ。

バース)おっと!後藤ちゃん!残った人たちの避難、よろしくぅ!

後藤)了解!

後藤さんは返事をした後すぐに建物の中へと入って行く。

オーズ+バースVSプテラノドンヤミーの二対一が始まる。

二対一なので行けると思われた。が、プテラノヤミーの強さは結構ある。

オーズ、バースの攻撃を避け、そして攻撃を与える。

腕の下についている羽のようなものでの攻撃をよく使うプテラノドンヤミー。

プテラノ♂)メダルもまた欲望!無に帰す!

プテラノは言い放つと飛行しオーズ達に飛びこむ。

一度目の突撃は避けたが二度目はオーズに当たる!そのままビルの窓へと飛ばされる。

オーズは足のタコの能力を使って窓に張り付く。

そのまま窓に足をついた状態でヤミーとの戦闘が始まる。



その頃建物の入り口付近にて──

後藤さんは声を張って人々の避難に勤めていた。

後藤)ここから先は危険です!こっちから逃げてください!おちついて!

奥の方へと目をやる後藤さん。

その方向から押し寄せてくる黒い霧。それにのみ込まれた人は苦しみ消える。

後藤さんはただ見ることしかできない──


外ではまだ戦闘は続いている。

オーズは地面に足をついてバースとともに攻撃をしていたが、何か波動のようなものをヤミーは発生させ二人を吹き飛ばす!

バースは横に飛ばされテーブルに当たって行く。オーズは階段へと飛ばされる。

プテラノドンヤミーはオーズへと近づいて行く。

プテラノ♂)コアメダルは欲望。我らの前で欲望は無効!

構えるオーズに対し、ヤミーから紫の電流のようなものがオーズへと流れる!

プテラノヤミー


)グァッ! ッグッ! ァウ!

苦しむオーズ。

そのオーズのドライバーからメダルが外れ、変身が解除される!

自分の姿を見て!?となる映司だがそのまま階段を転がって行く。

アンク)何!?

驚くアンク。 ヤミーは不敵に笑いながら映司へと近づいて行く。

バース)ウォーーーーーー!

バースは階段の上から飛んでヤミーへと攻撃をしようと飛び出す!

が、ヤミーはそれを腕を使って横へと弾き飛ばす!

バースはそのまま攻撃をもらい、地面に伏せる。そのとき変身は解除。

映司)伊達さん!

伊達さんの元へと近づこうとする映司。が、そのときもう一つの飛行物体が現れる。

プテラノドンヤミーの♀が飛来した。

こちらも不敵に笑っている。

映司)!・・・そんな・・・

映司はプテラノの二体に囲まれている。

プテラノ♀は映司に構えて火を放つ!映司はそれを横によける!

階段の下に飛び降り、伊達さんと合流。そのまま階段の下に隠れる。

伊達)ったく どうなっちまってんだ!?

アンク)もう一匹いたとはなぁ。それにしても誰の?

伊達)こりゃ逃げるが勝ちだな。一気にはしるぞ!

逃げる事を決める伊達さん。とその時悲鳴が聞こえる。

悲鳴は映司達の前にあるビルの扉からだった。そこには多くの人々がヤミーを見て悲鳴を上げていた。

その様子を見てプテラノ♀はそちらへと向きを変える。

映司)! 助けないと!

伊達)お、おい!

映司は隠れていた自分の姿を出してその扉の方向へと走って行く!

それを見た階段の上にいるプテラノ♂は映司の手前に火炎を放つ!

映司はその攻撃を少し程(?)貰う!そのまま倒れる映司。苦しんでいる。

伊達)馬鹿野郎・・・

伊達さんは苦しみ倒れる映司を自分たちがいた場所へと引きずって行く。

伊達)死にてぇのか!!

映司)ほっとけませんよ! 伊達さんだってそうでしょ!ハァハァ・・・

伊達)あいにく俺は医者でなァ  医者の仕事はまず自分が死なない事だ!でなきゃ、誰も助けられない!

映司)ハァ・・・ハァ・・・じゃあ、俺に医者は無理ですね・・・

伊達さんはその言葉を聞いて目を見開く。

その直後映司は立ち上がり、先ほどのビルの方へと走って行く!

伊達)おぉい!火野ォ!

映司は走り出す 命を助けるために・・・

その後ろではプテラノドンヤミー達が超音波のようなものを互いに発生させ、

○


それはその後に大きな爆発を生じさせたのだった!

その爆発からヤミー二体は飛んでその場を後にした──






──クスクシエ──


時は夜。クスクシエは閉店している。

後藤)よくその程度のケガで済んだな。

映司は伊達さんの治療を受けている。

映司)すいません・・・

手の治療をする伊達さん。

伊達)前から危なっかしいと思っていたが 原因は俺だ。 他人は助けようとするくせに、自分の命は無視してる。

伊達さんは治療に専念しながらも映司に向かって言葉を発する。

映司)そんな 俺は別に死ぬ気だったわけじゃ!

伊達)それが軽いんだよ!

伊達さんは映司の目を見て言う。

伊達)死ぬつもりならいいさ。賭ける命の重さがわかってるからな。 お前は賭けてさえいない。 昔はちゃんと賭けていたのに。 そうだろ?
 
治療された腕を掴みうつむく映司。伊達さんは立ち上がる。

伊達)火野映司  映司 思い出したよ ──



──クスクシエ二階──

映司は二階の自分の部屋へと上ってくる。

そこにはアンクがいつもいるところで横になっている。

一度目が合うが何事もなくそのまま奥へと進む映司。

アンク)・・・・・・大丈夫なのか?

映司)・・・あぁ・・・

持っている服を置いて行く映司──


その頃一階では。

比奈)伊達さん・・・映司君と会ってたんですか?

治療道具を直していく比奈ちゃん。

伊達)アフリカで働いてた時チラッとね。 内戦に巻き込まれた政治家のボンボンが命がけで村を守ったって大騒ぎされててさ。

後藤)そういえば一・二年前にそんなニュースが・・・あの政治家の息子が火野!?

比奈)え?・・・でも私が聞いたのは女の子を助けられなかった。って・・・

伊達)美談はつくられる。   命を賭けて村を救おうとしたのは事実だけど、途中で親が払った身代金で火野だけが助けられたんだ。

過去の描写が映る。

──子供を治療する伊達さん。治療を終えて次の患者へ。

といった感じで振り向いた時、外ではヘリの音がする。

そちらを見てみると黒服達にかこまれた映司がいた。

映司はフラフラで足もしっかり上げれていない。 映司はそのまま膝をつき崩れる。

黒服 映司


悔し涙を流す映司・・・ 横にいたメガネの男は映司に話す。

黒服)映司さん。もうすぐ日本に戻れますから。 さ。

そう言い映司の肩を持って立たせ、歩かせる。

その様子を部屋から見ていた伊達さんだった──


伊達)政治家の親や兄弟が人気取りに使った。ってわけだ。

後藤)火野の意志は無視 ってことですか。 きついですね・・・ 俺ならたぶん・・・

伊達)怒る奴もいるし、じめじめ腐る奴もいる。で、たまに妙に乾いちまう奴もいる。火野はそれだ。乾いちまって自分への欲がない。

話を聞いて目線を二階へ上げる比奈ちゃん──


二階ではアンクが同じ体勢で横になっていたが立ち上がり映司の元へ。

二階


アンク)お前の方がよっぽど欲望の渦に居たとわな。

映司)まぁね・・・  でももう忘れた。いつまでもこだわることじゃないでしょ。

椅子に座っていた映司は場所を変えベッドに座りなおす。



比奈)そんな・・・どうして・・・

伊達)いいのいいの。理解しなくて。あいつなりの立ち直り方なんだろうし。 ただ、会長が言ってるでしょ?

そう言いながら立ち上がる伊達さん。後藤さんと比奈ちゃんの前に来て・・・

伊達)欲望こそ生きるエネルギー!すばらしい! ってね。   自分の欲をなくしちまったら生きてるとは言えない。

扉の方へ振り返る伊達さん。とその時扉が開く!

会長


鴻上)その通りィ!

扉が開くと同時に大声で言葉を放つ会長。後ろには里中さん。

伊達)ぅわ!びっくりした・・・やめてよ会長・・・

比奈ちゃんは椅子から立ち上がり 後藤さんもパッ!と椅子から飛び姿勢をただした感じの直立をする。

鴻上)良い指摘だよ伊達君。しかし火野映司君の欲望の空白こそがメダルの器たる! とは気付かなかったろうな

その言葉を聞いて後ろに引いてしまう伊達さん方。

会長は話を続けながら店の奥へと進んでいく。里中さんも一緒に。

鴻上)メダルをあれだけ使いながら暴走しないで済んでるのもそこだァ!

歩くのをやめ振り返る鴻上会長。

鴻上)しかし状況は変わった。 その重大なことをしらせるために 今日はわざわざ来たんだよ

里中さんは手に持っているハコ。見た感じで何が入ってるであろハコのふたを開く。

中にはケーキ。ケーキには恐竜の絵が描いてある。

バースデーケーキ


鴻上)ハッピーバースデイ!紫のメダルのグリード!そしてそのヤミー。

鴻上)絶滅したり、想像上でしかない動物を使ったメダル。その欲望は 無だ。nothing.    それがオーズに引かれて映司君の欲望の隙間に入った! 欲望の空白が埋まれば・・・暴走の危険性は高くなる!

唾を飲む伊達さん。

比奈)映司君・・・



二階。

外をみながら映司に話しかけるアンク。

二階二


アンク)お前解ってるんだろ? 自分にコアが入ったってことを。

映司)・・・まぁ、なんとなく。 でもやることは変わらないし。 とにかく今は目の前の人を助けるだけ。かな。

映司は座っていた身体を移動させそのままベッドに転ぶ。そして一つ大きく息を吐く。

それを見てアンクは鼻で笑う。

アンク)お前が馬鹿でよかった。

映司)ほめてるつもり?

アンク)さぁなぁ。

アンクは定位置に戻り横になる。

そして映司は再度息を吐き、目を閉じるのだった──








──後半へ続く──
オーズ
スポンサーサイト
  1. 2011/05/01(日) 20:31:21|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 32話 後 | ホーム | オール仮面ライダー ライダージェネレーション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/561-23ec2be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。