あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 33話 前

休みばっかりの日が終わり、とうとういつも通りの週が始まって行く・・・

こっから、7月まで祝日ないしね・・・それ考えるとしんど!


サヤです。

今日は久しぶりのサゴーゾ! さすがの打撃力!



前回はプテラノドンヤミーたちとの戦いの最中に映司の体内に入っていた紫のメダルが出てきてそのまま変身し、

プトティラへとなりましたね。そしてヤミーを倒してそのままバースに攻撃開始。暴走するオーズ。

そこへ比奈ちゃんがバースをかばいながら映司に呼びかける。そして変身が解け終わったと。いった感じですかね。



──本編──

バースは戦っていた。 プテラノドンヤミーとの戦闘。

前回の最後でDr.真木が生んだヤミーであると思われる存在。

その戦闘を少し離れた場所で見ているカザリ。

1


戦闘状況的には前回と同じ押されている。やはりこいつらは強い。

カザリはその戦いに対し目を離さず見ていたが、何かに気づきそちらへと目を離す。

映司とアンクが走ってバースの方へと向かっている姿を確認。


映司)アンク!メダル!

アンク)またこのタイプか!

カザリ)来たね

カザリは映司達を見て微笑む。 

アンク)映司。

メダルを手前にかざすアンク。

その間バースは地面に倒され腹を踏まれている。

その奥(映司達と反対方向)から後藤さんの姿が現れる。手にはバースバスター。

映司はメダルを受け取り、三枚をセットする。 スキャンしようとする映司

バース)やめろ! また暴走するぞ! 俺たちに任せろ!

ヤミーに首を掴まれながらも映司に止めるように呼び掛けるバース。

映司)その時は俺を攻撃して止めてください! 変身!

キンキンキン

タカ!トラ!バッタ!

    

変身、そのまますぐにバースの元へ走り寄る。

2


アンク)≪紫のメダルの力を借りれば 俺の身体は取り戻せるかもしれない。 そのためには映司をもう一度あのコンボに・・・≫

オーズはヤミーをバースの身体から引き離す。

二対一の攻防開始。ヤミーは押されている。

息があった攻撃でヤミーを押していき、最後にオーズが飛び蹴りをヤミーにかます。

攻撃を受けヤミーは転がる。 すぐさま体勢を起こし羽を前で交差させる。

オーズは次の攻撃を当てにヤミーへと突き進む。

その後ヤミーは羽を開き超音波のようなもの(?)を発動させ、オーズ バースを弾く。

弾き飛ばされた二人。そしてその攻撃を受けたオーズは変身が解ける。

バース)火野!

ヤミーは立ち上がり映司の方へと歩み寄ってくる。

後藤)火野!下がってろ!

映司の横へ後藤さんが駆け寄り、バースバスターをヤミーに向けて構える。

構えた瞬間に横からアンクが押して後藤さんを突き放す。

アンク)どけ!

後藤)何をする!?

アンク)≪出てこい・・・コアメダル≫

ヤミーは映司の手前で飛び両手を開いて映司へと襲いかかろうとする!

アンク)≪今だ!≫

アンクは腕を刑事さんの身体から離す!

その時、映司の体内から紫のコアメダルが出現! すぐ手前にいるヤミーを映司から突き放す!

次にオーズドライバーにセットするであろうメダルをアンクは一枚、二枚三枚と掴んでいく。

3


アンクは手をグーにしてメダルを押さえる。しかしその力は偉大。メダルはアンクの手から離れ、すぐさまオーズドライバーへとセットしていく。

そしてすぐさまスキャン。

キンキンキン

プテラ! トリケラ! ティラノ!

 プットティラ~ノザウル~ス

オーズ)ウォオオッ!

変身後すぐにワインドスティンガーをヤミーの方へと伸ばす!

4


腕を刑事さんの身体から離していたアンクは腕を刑事さんへと戻す。

アンク)くっそ・・・

アンクは怒りを持ったような表情でオーズを見ている。

オーズはヤミーに接近し、声を上げボディーブローのような攻撃をかまして相手を倒す!

5


さすがのプトティラである。ヤミーはメダルへと姿を変えた。

バース)火野・・・

オーズはヤミーの居た方向とは逆の位置にいるバースへと振り返り、前回と同じようにこちらへと走ってくる!

バース)だからいわんこっちゃない! 後藤ちゃん!アンコ!逃げろ!

バースはオーズにバースバスターを構えて射撃。

後藤さんとアンクは逃げるそぶりを見せず、後藤さんはバースバスターを構え アンクは怒りの表情でオーズをみる。

バースバスターで攻撃されているオーズ。射撃での攻撃は腹にしっかりと当たっている。だが、その攻撃には一切怯まずに、バースの元へと到着する。

バースの元へ来るとバースバスターを弾き、すぐさまバースの腹へとパンチを食らわす!

オーズの攻撃の合間にバースはオーズの腹に掴みかかる。

後藤)伊達さん! このままじゃ・・・

後藤さんは周りを見渡す。左を一度見、そして右を一度見る。そしてすぐさま右を二度見する。

その目線の先にはカザリ。

後藤)あいつはカザリ・・・ よし・・・ やってみるか・・・

後藤さんはバースバスターを構えオーズに近づき射撃。

バースを地面に転がせるオーズ。すぐさま撃ってきた後藤さんの方へと振り返る。

6


オーズ)ウゥ・・・

後藤)火野!

一歩前へ出たオーズに対して一発撃つ。 そしてそのまま右へと共に走って行く。

その間も後藤さんはオーズに対して射撃している。

後藤)火野!こっちだ!

後藤さんはちょうどカザリの前に来ると止まり、オーズはそこへ飛びかかる!

その行動に対して後藤さんはオーズを避ける!

そしてオーズの目の前にはカザリの姿。カザリは人間体からグリードへと姿を変える。

オーズはそのままカザリに攻撃を開始する。

その後ろでバースバスターを構える後藤さん。その後ろにバース。

バース)後藤ちゃん ナイス!

オーズとカザリの戦いは一方的にオーズが攻撃をしかけている感じ。

しかしその攻撃を受け止めているカザリ。オーズはカザリの腹を押す感じの攻撃を放つ。

その攻撃を受けて少し後ろにさがるカザリ。

両者構え、そのまま一斉に走り寄る!

一緒にパンチを繰り出す!その攻撃はオーズのが強くカザリは攻撃を受け飛ばされる!

7


すぐさま起き上がりオーズの方へと構える

カザリ)こいつは厄介だね・・・

カザリはその場を後にする。

それを追うようにそちらへ向かうオーズ。だが、そこで変身が解ける。

変身が解け、映司はその場に仰向けになって倒れる。

後藤)火野!

後藤さんと伊達さんが映司のそばへ。

伊達)火野!しっかりしろ!火野!

後藤)火野!

二人はその後も映司に呼びかける。

その様子を離れた場所にある車の中で見ている者がいる。

Dr.真木。

8


Dr.真木)私とオーズ。どちらが週末を呼び込むにふさわしい存在なんでしょうねぇ。

真木は手に持っているキヨちゃんに問いかける──


──クスクシエ──

クスクシエの二階。

映司とアンクが生活している部屋には、伊達さん 後藤さん 比奈ちゃん そして部屋で生活している二人もいる。

ベッドで横になっている映司。

皆はその横になっている映司をみている。

映司)ぅ!・・・あッ・・・

目を覚まし、起き上がろうとする映司。しかしその横に座っていた伊達さんがそれを止める。

伊達)おい・・・寝てろ。

比奈)映司君大丈夫?

後藤)火野 お前は戦うな。 当分は伊達さんと俺でなんとかする。

アンク)冗談はよせ。人間ごときがグリードにかなうわけない。

後藤)何?・・・

映司)アンク!

アンク)お前もオーズなら 暴走しないでしっかり制御しろ。 なっさけない!

映司)なんだよ 自分だって失敗したくせに!

アンク)アァ?

映司)グリードなのにメダルにはじかれて なっさけない!

アンク)オイ・・・お前に何がわかる!

映司は立ち上がってアンクに言葉を返した。が最後の言葉と同時にアンクは映司に掴みかかる。

映司)制御すればいいんだろ!

取っ組み合う二人。それを離そうとする三名。

比奈)ふんにゅー!

アンクと映司の身体を持って左右に離す比奈ちゃん。さすがの力持ち。

引き離された二人+映司の後ろにいた二人も巻き込まれそのままアンクは床に、映司達はベッドに。

比奈)あ!ごめん!

伊達)お見事・・・

ベッドで三人重なり合いそのまま倒れる三人・・・

その時扉の方からこちらへと向かってくる足音が聞こえてくる。

知世子)映司君!? 何してるの?

扉を開けて中の様子をみる知世子さん。

部屋をのぞいてみるとそこにはベッドで転んでいる映司、伊達さん、後藤さんの姿が。

三人は一緒の布団を着て横になっている。

その手前にある椅子に座って揺れている比奈ちゃん。

9


映司 伊達 後藤)なんでもありません。

その様子を見て知世子さんは目を細めて首を縦に振る。

知世子)映司君。さっき男の人が来てこれを。

知世子さんは部屋に入ってき、映司の前に来て手紙のようなものを渡す。

映司)え? 俺に?

知世子)高校の同級生って言ってた。会って行けばって言ったら急ぐからって。

奥でしぶしぶ立ち上がるアンクの姿。

映司は受け取り、中を確認する。中にはチケット。

映司)レジャーランドのチケット?

その横にいる伊達さんと後藤さんはチケットを覗いてみる。

映司の手からチケットを取る伊達さん。

映司はもう一つ中に入っていたものを手に取りそれを開く。

映司) 映司へ 高校時代の親友 北村雄一より

と、書かれてあった。

比奈)お友達?

映司)北村?・・・ ・・・誰だっけ・・・




クスクシエの店の入口の手前に一人の男。スーツを着ている。

???)映司・・・

店の前に立っていた男は向きを変えてクスクシエを後にする──



──OP──



カウント ザ メダルズ 現在オーズが使えるメダルは──

10
タカ×2 クジャク×1 バッタ×1 トラ×1 ティラノ×2 トリケラ×1 プテラ×2 ゾウ×1 サイ×1 ゴリラ×1 シャチ×1 タコ×1 ウナギ×1






──レジャーランド──

高い所にある野原のような場所にいる映司達(アンク 比奈ちゃん 後藤さん 伊達さん)

周りを見渡す皆。

映司)やっほー!

アンク)うるせぇ!

アンクのすぐ横で叫ぶ映司・・・

一番端にいる伊達さんは前にある柵のような物を飛び越えようとしている描写が映る・・・

11




最初の場から離れてレジャーランドの道を歩いている皆。

映司)すごい・・・ すごいよね?比奈ちゃん

比奈)うん!

伊達)悪いなー俺たちまで。

映司)あぁ、気にしないでください。こういうの大勢のほうが楽しいんで。

伊達)お!じゃあお言葉に甘えて。

映司)でもまさかアンクが来るとは思わなかったよ。

一番後ろを歩いているアンクは前にいる後藤さんを手でどけて映司の元へと近寄って行く。

自然を感じている感じの映司。両手を大きく開いている。と、そこへアンクが腹にパンチ!

映司)おぉッ!

アンク)次にメダルが出たらしっかり掴んでやる。

むせる映司。 と、そこへ。

???)映司ー

全員して声のした方向へと目をやる。その先にはスーツを着てメガネをしている男の姿。椅子に座っている。

???)よー!

手をこちらに上げている。

アンクは映司をみる。 映司は男を?って感じでみている。

???)なんだよ 覚えてないのか? 冷たいなぁ。

映司)あ・・・すいません。

映司は男の方へと軽く走って行く。

???)まぁ仕方ないか。俺映司の隣のクラスだったし。 ひきこもってたし。

男も椅子から腰を上げて映司の前に出る。

映司)ひきこもり?

???)ほら、よくノート届けてくれたろ?

映司)え?・・・ ・・・ ・・・もしかして、北村君!?

北村)ああ。

映司)久しぶりぃ!

北村)懐かしいなぁ

映司)ありがとう!招待なんてしてもらっちゃって。

北村)何言ってんだよ。これ みんなに差し入れ。

北村は自分の座っていたところの後ろにある机の上にある袋をしめす。

12


比奈 伊達)ごちそうさまでーす!

奥にいた二人が駆けつけてくる。後から伊達さんも。

伊達さんはタンクを置くなりすぐに袋をあさる。 次から次へと出していく伊達さん。

伊達)おお~っ。

比奈)ついみんなできちゃんったんですけどここ結構するんじゃないんですか?

北村に問いかける比奈ちゃん。 北村は机の上に置いてある本を手に取る。

それを開いて映司に渡す。

北村)ほら。

伊達)おでんの具になりそうなものがないじゃないか!

怒る伊達さん。

その横で本をみる映司。

映司)若きネットベンチャー社長 北村雄一・・・

それをみて映司はすぐさま顔をあげて北村をみる。

映司)大型レジャーランド経営に進出 ってことは・・・

北村)俺がここの オーナーだ。

その言葉に皆して驚く。

映司 比奈 伊達)えぇー!?

伊達)すげぇ!

伊達さんはポップコーンのようなものを食べている。

比奈)映司君!すごい友達持ったね!



その後レジャーランドを歩く北村と映司達。

比奈)あの、高校時代の映司君ってどんな人だったんですか?

北村)ぁー人気者だった。

映司)やめてよ。

北村)いいだろ 本当の事なんだから。 面倒見が良くて いろんな問題に首突っ込んでたよな。

比奈)へぇ・・・ 今と変わらない。

三人の後ろには伊達さんが顔の前にパンフレットを持ってきたりして辺りを見渡している。後藤さんは一般人がする感じで周りをみたりパンフレットをみたり。んでその後ろのアンクはアイスを食べながら周りをみている。

13


北村)クラスの違う俺をひきこもり生活から引っ張り出してくれた。

映司)だってほっとけなくて。

北村)そのとき俺に自分の夢語ってくれたよな。

映司)え、そうだったっけ?

北村)それがきっかけで俺は立ち直れた。 ひきこもりなんてしてちゃ駄目だ。 夢に向かって頑張ろうって思ったんだ。

比奈)夢・・・。映司君が・・・

北村)なんだ?今は違うのか?

映司)あぁ、まぁちょっとね。

伊達)よーし!決めた!

喋っている三人の後ろで声を上げる伊達さん。 映司に近寄ってくる。

伊達)なぁなぁなぁ このフィールドアスレチックってやついこうぜ。 後藤ちゃん!カモーン!

走り出す伊達さん。その後ろを首をかしげながら付いて行く後藤さん。

その様子を笑顔でみている映司達。

北村)じゃあ、また後で。

伊達さん達とは逆の方へと歩いて行く北村。

映司)うん。また。 アンクー行くぞ。

木にもたれかかってアイスを食べているアンク。何か違和感でもある感じで空をみている。




離れた場所では二人の姿。カザリにアンク(ロスト)。

ロストは木にのぼっている。もちろん二人とも人間体。

カザリ)さっさとアンクを吸収できればいんだけど 危ないことをしたくないしね。

ロストは木から飛び降りどこかへ行ってしまう。カザリは気付いていない。

14


カザリ)バラバラに行動してくれないかな。 何か引き離す手があれば。 あれ、どこいった?

カザリはアンク(ロスト)がロストしたことに気づく。




アンクを除く4人でフィールドアスレチックを楽しんでいる。

15


アスレチックで足は地面につけないで上へと上って行く感じの遊具。

伊達さんはそのアスレチックから落ちてしまい地面を転がって行く。

16


伊達)おーかあさま~!

お次は道いっぱいにふくらんでいるボールを押したり引いたりしたりして道を作って行き目的地を目指す感じのところにいる4人。アンクは木の上に座っている。

17

その次は細い棒の上をバランス良く次から次へと渡って行く感じの場所。後藤さんが結構慎重に進んでいる。

18

そーの次はでっかい障害物(?)のような物を乗り越えていく感じの場所。一番手前に後藤さん。乗り越えた後に滑りおちて消える・・・

30

その次は・・・押して遊ぶやつ・・・説明の仕方が・・・ ぐるぐる回るやつですね。三人がかりで押している。

映司)伊達さん頑張って!

伊達)おぅ!

反対側に現れる比奈ちゃん。そして一人で木を押す。それは軽々しく回って行くのだった・・・

19

比奈)いっちば~ん。

比奈ちゃんが先にゴールする。 そして何かに気づき辺りを見渡す。

するといきなり頭上からネットが降ってきたのだった!

比奈)キャァァ!

映司)今のは?・・・ 比奈ちゃん?


比奈ちゃんが居たであろう場所に到着した三人。 後藤さんは何か落ちているのに気づく。

後藤)火野! これ比奈ちゃんの

後藤さんは拾い上げる。

映司と伊達さんは後藤さんへと近寄る。

映司)アンク ヤミーの気配は?

アンク)ヤミーの仕業じゃない。

伊達さんは手にゴリラカンを持つ。

伊達)反応なしだ。

映司)手分けして探そう!

走り出した三人。


大きな道が三本ある場所へと出る。

伊達)俺こっち行く!

映司)俺向こう探します!

伊達)じゃあ俺はこっちを!

全員別々の道を進み比奈ちゃんを探し始める。

後藤)比奈ちゃん!

伊達)比奈ちゃん!

映司)比奈ちゃん!

三人は探し回る。



と、その比奈ちゃんを探している映司をみているものがいる。

北村)よし・・・そろそろ

北村は双眼鏡を手に映司をみていた。

その場を振り返り場所を移動しようとした北村。と、その前には子供(ロスト)が。

20

北村)なんだ?迷子か?

ロストはセルメダルを北村へと投げる。

そのメダルはしっかり北村へと投入された。

その後すぐに北村の前に大きな卵のようなものが出現し、それが割れる。中にはヤミー。

21

北村)あぁぁ!化け物!

と、そこへカザリが登場。

カザリ)あーあ ヤミー生ませちゃったんだ。

北村)ヤミー?・・・

ロストはヤミーが生まれたことに対し、拍手している。

カザリ)君の欲望おもしろいね。

北村)欲望!?

カザリ)僕のいうとおりやってみない?

カザリは北村へと近づいて行く。



オッオッオッオッオッ

ゴリラカンに反応。

伊達)このタイミングで・・・



アンク)ヤミーだ。

タカカンを手にプルタブを開け空へと投げるアンク。

アンク)映司に知らせろ。


映司)比奈ちゃーん!

探し回る映司。

映司)どこいったんだ・・・

そこへ北村が現れる。

北村)どうかしたのか?映司

映司)北村君 それがちょっと友達がいなくなっちゃって。

北村)大変だな・・・詳しく説明しれくれないか?

映司は北村に説明をするのだった。



木と野原の場所についた伊達さん。方にはセルメダル入りのタンクをしょっている。

辺りをみながら歩く伊達さん。

と、急に飛びかかってくるヤミー。

伊達)まだ育ち切ってないが 仕方ねぇか。

ピーン!  メダルを弾き、逆の手でとる。

伊達)変身。

チャリン!グイグイカポーン!

バース)さぁ お仕事だ。

22



事情を説明した映司。

北村)そうか。 わかった。俺に手伝わせてもらえないか?

映司)え?

北村)ほら。 ここの事なら誰よりも詳しい。仮にさらわれてたとしてもつかまってそうな場所にいくつか心当たりがある。それに・・・



ヤミーと戦いをしているバース。

相手は育ち切っていないヤミーなので普通にバースが優勢。

バースはヤミーの膝に足を置いてそのままヤミーをのぼり相手の頭にまたがりそのまま倒してゆく。

バース)これでもくらえ!

飛ばされたヤミーに対してまた攻撃をしていくバース。相手の上にまたがり首に手を置いてこちらへ引っ張る。

プロレス技をかましている感じになっている。(こんな技なかったかな?

その時、アンクは駆けつけた。

23







北村)俺お前の助けになりたいんだ。

映司は不思議そうな顔をする。その後すぐに映司の手をとる北村。

北村)頼む!

24


映司)・・・ ありがとう。

笑顔になる北村。


そのときメダルが溜まっていく描写が映る。

バースはまだヤミーの首をしめている感じ。

映司とガッチリと握手している北村。そしてメダルはすごい数になっていた。

バースに押さえられてたヤミーは立ち上がり、ヤミーの上にバースが乗っている状態になった。

バース)おぉっと・・・嘘・・・うわっ、何これ!?

ヤミーの身体の周りに赤いオーラのようなものが流れ出て姿を変える。そしてバースは飛ばされる。

25

フクロウヤミーになった。

26


飛ばされたバースは木に引っ掛かる。アンクはヤミーを見て

アンク)こいつは・・・

木に引っ掛かっていたバースは体勢を立て直す。

バース)いたた・・・ 野郎!

木から飛び降り攻撃を開始するバース。

しかしフクロウヤミーのペース。ヤミーの攻撃が止まらない。

ヤミーの腕にしがみつくバース。だがすぐに振りほどかれ少し飛ばされる。

ヤミーはバースに向かって羽をひろげて風を起こす。ものすごい突風が吹く。

そこ風によりバースは飛ばされてゆく。

バースは地面に着いた時には変身が解除。ベルトは横に転がっている。

フクロウヤミーは伊達さんに向いて構え何か黒い物をこちらへ飛ばしてくる!

伊達)おぉぉ!なんだ!

それは伊達さんに巻きつき、身動きが出来ないようになっていた。そして地面に伏せてしまう。

そこへフクロウヤミーがはしってくる!

伊達)おぉぉっ!ちょっ、タんマ!タンマ!タンマ!

27


フクロウヤミーは伊達さんをつかむとそのままどこかへ飛んで行った。

28


と、そこへ駆けつけた後藤さん。

後藤)伊達さん!

後ろではアンクが舌打ちをしている。

後藤)伊達さん!

もうヤミーの姿、伊達さんの姿は見えなくなっている。

そして後藤さんの近くにはバースドライバーが落ちてあるのだった──

29








──後に続く──
スポンサーサイト
  1. 2011/05/08(日) 22:41:17|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 33話 後 | ホーム | DMC4 BP更新>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/565-1ae85fc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。