あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 33話 後

前回はフクロウヤミーとの戦闘していたバースは身動きができないようにされ、そのままどこかへ連れ去られてしまったところで終わりましたね。

では続きを──




──レジャーランドの離れ──

裏側、といったようなところについた映司と北村。

北村はここに比奈ちゃんがつかまっているのでは?と思ってそこへ連れてきたのであろう。

コンクリの建物の周りをあちこち見回る映司。 その後ろで頭をかきながら映司をみる北村。

映司が次の場所を探しに走りだした後、その後ろを追う北村。

北村)なぁ、映司。

映司)どうした?

北村)うちの会社来ないか?

北村の言葉を聞いて立ち止まり振り向く映司。

映司)え?

北村は映司に近づく。

北村)世界の子供たちを救う事業を立ち上げたっていい。ほら、高校時代からそれが夢だって言ってたろ?

映司)ちょっ、ちょっと待って こんなときにどうしたんだよ。

比奈ちゃんを捜しに走り出す映司。その後ろをついてくる北村。

北村)お前の友達を悪く言うわけじゃないけど、あいつら。 特にあの変な髪形の奴に利用されてるんじゃないのか?

映司)なんでそう思うの?・・・

北村と映司は対面している。

1

北村)とにかく俺は違うぞ! 映司を利用したいんじゃない!映司がより映司らしく居られるために全力を尽くしたいだけだ!

映司)どうしてそこまで・・・

北村)利害関係とかなしに なんでもできるのが本当の親友だろ?

映司)親友・・・

北村)高校ん時のお前がそうだった。 だから今の俺がある。 嘘じゃない。

映司)北村君・・・

北村)彼女は絶対に俺が見つけて見せる。

映司)ありがとう。

その言葉を聞いて下を向きながら少し表情を崩す北村。

そんなときに映司達の上空に姿を現したのはタカカン。

アンクが放った映司に知らせるために飛ばせたやつだ。

映司)ごめん!俺行かなきゃ!

北村)え?

映司はその場から走り出す。




──林の中──

林の中を走るアンクと後藤さん。

後藤)伊達さん!  伊達さん!

後藤さんの手にはバースドライバー。そして肩にはタンク。

と、そこへ映司が到着する。

映司)アンク!

アンク)おい映司 どこ行ってた!

映司)どこって、比奈ちゃんを捜しに

後藤)火野、伊達さんがヤミーにさらわれた。

映司)え? そんな・・・

映司は後藤さんが持っているバースドライバーを見つめる。 とそこへ映司の手を引っ張り歩き出すアンク。

アンク)ヤミーを追うぞ。

映司)ヤミーの仕業じゃないって言ったろ!?

アンクに掴まれた手を振り払う映司。

アンク)知るかァ!

映司)ちょっと待って 比奈ちゃんを助けるのが先だ!

2

アンク)そんなもんどうだっていい。

映司)いいわけないだろ・・・

アンク)俺のメダルを持ってる奴が生ませたヤミーだ。

映司)それって 鳥のグリードってこと?・・・

アンク)そうだ。ほら行くぞ!

アンクは映司の手を取りヤミーの方へと行こうとするがすぐに映司はその手をはらう。

映司)それでも比奈ちゃんを助けるのが先だ!

お互い目を合わせてにらみ合う。少しした後アンクが目をそらし舌打ちをする。

アンク)勝手にしろ。

映司)アンク!

アンクは一人歩いてゆく。 後藤さんと映司だけが残った。




アンクは一人歩いていた。

アンク)映司の野郎・・・

そう呟きながら歩くアンク。すぐ横にある木を叩くアンク。

アンク)いてっ・・・

と、そんな事をしていたアンクだったが目の前の人物をみて止まる。

北村──

アンク)お前・・・

そしてアンクは北村の気配を感じ取る。

アンク)お前かァ ヤミーの親は。

北村)映司の前から 消えてくれないか?

アンク)ハァ?

北村の方へと近づくアンク。北村は小さく笑いながら少しずつ後ろへ下がって行く。

3

北村)お前に映司の何がわかる。

アンク)何馬鹿なこと言ってる。

北村)お前に映司を支える事ができるのか?

アンク)そんなことより 早くヤミーの場所教えろ。

会話中もずっと歩いていたが、北村は下がるのをやめると急に吹きだす。

そしてアンクも止まる。 アンクはその後すぐに目線を下へと下げる。

するとすぐに下からネットが出てきてアンクを捕獲し、そのまま宙にぶら下がる。

4

アンク)オイ!何の真似だ!

北村はネットの中に入っている映司の近くへと走って寄ってくる。

北村)お前邪魔なんだよ。

アンク)おい!貴様待て!

北村はアンクの言葉には耳をかさず、走り出す。



伊達さんと比奈ちゃんを捜している映司と後藤さん。

と、その映司達の後ろに現れる北村。

北村)映司!

映司と後藤さんは北村の方へと振り返る。

北村)比奈さんの場所 だいたい目星がついた!

映司)ほんと!?

北村)行こう!

北村はどこかを指さし、走り出す。そして映司達はその後ろをついてゆく。




北村)ここじゃないかと思う。

 GAME FIELD2 とかかれた門をくぐり、中を探し始める映司達。

5

映司)比奈ちゃん!

後藤)比奈ちゃん!

三人は手前から手当たり次第に捜して行く。

そして映司は何かに気づきそちらへ近づく。

そしてその中には比奈ちゃんがいた。

映司)比奈ちゃん! 比奈ちゃん!

映司が比奈ちゃんを見つけたのに気づきそちらへ集まってくる北村と後藤さん。

映司は比奈ちゃんのいるところに入る穴を塞いでいるドラム缶などをどけてゆく。

と!そこへフクロウヤミーが奇襲をかけてくる!

映司の横から突撃し、映司はそれをもろにくらい地面に倒れるがすぐに体勢を立て直す。

6

現れたフクロウヤミーの姿を見て驚く北村。

北村)なんだこいつ!?

映司)人の欲望から生まれた怪物なんだ!

北村)欲望?・・・

フクロウヤミーは映司の方へと走り出した。

後藤)下がってろ!

後藤さんは映司の前に出てバースバスターを構えて発砲。

最初撃たれた時に少し立ち止まるがすぐに走り出して後藤さんの持つバースバスターをはじく。

バースバスターは茂みの中へと飛んで行ってしまう。

その後映司はフクロウヤミーに蹴りを入れる。全く効いていない。

後藤さんもフクロウヤミーに対処し始めるがまったく効かない。

映司)北村君!比奈ちゃんを頼んだ!

北村)お前どうするんだよ!

映司)コイツをなんとかする!

北村)無茶だ!ケガしたらどうすんだよ!

映司)大丈夫!慣れてるから!

映司と後藤さんは共にフクロウヤミーを抑え込むようにしてヤミーに飛びこんでゆく。

しかし何度も降り離される。だがまだまだ続けて映司達はフクロウヤミーへと向かう。

北村は比奈ちゃんの居る所のドラム缶をどけて扉を開き比奈ちゃんの元へ。

20

北村)おい! おい!

呼びかける北村。そしてその外では・・・

何度もフクロウヤミーの元へと行っては離されるを続けていた映司達。

後藤)火野!アンクはどこへ行ったんだ!

映司)ヤミーの気配ならわかるはずなのに!



アンクはまだネットの中でもがいている。

そしてアンクは右手をグリードの状態にしている。 その後すぐにネットを切って脱出する。

アンク)ふざけんなよ・・・ただじゃおかない!

アンクはヤミーの場所へと走り出す。


その頃映司達はフクロウヤミーに首をつかまれて壁に押されている。

そしてフクロウヤミーはそのままの状態で空を飛び、ある程度飛んでから二人を地面へと落とした。

苦しむ映司達。そこへゆっくりと地面に降りてくるフクロウヤミー。

映司達の元へ走って攻撃を仕掛けてくるヤミー。その攻撃をかわす二人。左右へと避ける。

映司)後藤さん!俺やってみます。

後藤)やってみるって?・・・

映司)ピンチになれば・・・またこのコアメダルが・・・

後藤)冗談はよせ!

映司)でも!

後藤)お前が暴走しても俺一人じゃ止められない! そうだろ!

フクロウヤミーを間に挟み会話をする二人。ヤミーはうめき声をあげている。

映司)じゃあ 後藤さんがバースに!?

後藤)え?・・・

映司)時間稼ぎます!

映司はそう言うとフクロウヤミーへと走り出す。そして死角から掴みかかる

その後すぐに後藤さんはタンクの上に置いてあるバースドライバーの元へと走り出す。

そしてすぐにバースドライバを手に取りそれを見つめる。

7

後藤)俺がバースに・・・

後藤さんバースドライバーをずっと見ている。そして結論が出される。

後藤)いや・・・今の俺じゃ無理だ!

そう言うと後藤さんは手にプテラカンを取り、ヤミーの方へと投げる。

そのときヤミーは映司を投げ飛ばしていた。そしてプテラカンはヤミーに攻撃を加える。

そして周りをまわってから、口から超音波を発生させる。

ヤミーはそれに対して羽で超音波を隠すようにして後ろへと下がって行く。

しかしヤミーはプテラカンに向けて伊達さんと同じ黒いテープのようなものをまきつけて、プテラカンを覆い、地面に落とす。

その後フクロウヤミーは後藤さんの方を向き、黒いテープを後藤さんの方へと発射する!

そのテープに巻きつかれた後藤さん。そして横にあったタンクにもテープは巻きつく。

8

映司)後藤さん!

身動きが取れず後藤さんはその場へと倒れ込む。

そしてフクロウヤミーは映司に攻撃し始める。

いきなり顔付近への攻撃がさく裂し、地面に転がる映司。

そしてフクロウヤミーは映司を蹴ろうとして映司を追いかける。映司は転がりながらその攻撃を避けてゆく。

そうしていると映司の体内から急に紫のコアメダルが姿を現す。

そして映司は紫の目になり、その場に立ち上がる。 

9

とそこへアンクが駆けつける。

アンク)映司!変身するならこいつにしとけ!

アンクはすぐさま映司に向けてメダルを投げる。

紫のコアメダルがオーズドライバーにセットしようとしているところへ三枚のメダルが飛んでき、

10

紫のコアメダルにそれぞれが当たり、オーズドライバーに入ろうとするのを阻止し、代わりにその別の三枚のメダルがオーズドライバーへとはセットされる。

そして紫のコアメダルはすぐさま映司の体内へと入って行く。

映司は意識を取り戻しアンクが居ることに気づく。

映司)! アンク!

アンク)早くしろ!

映司はアンクの言葉にうなずき、すぐさま振り返りオースキャナーでメダルをスキャン。

キンキンキン

映司)変身!

サイ!ゴリラ!ゾウ!

 サゴーゾ サゴーゾ!


久しぶりに登場。サゴーゾコンボである。

オーズ)ウォーーーー!

11

こちらへ飛んで来ているフクロウヤミーを重力を使って落としたオーズ。

12

落ちたフクロウヤミーの元へ行き腹にパンチを入れる!

そして次から次へと腹にパンチ!腹にパンチ!してゆく。

容赦なくフクロウヤミーを殴って行くオーズ。そしてオーズはフクロウヤミーを蹴りあげる。

13

そのまま一回転するヤミー。地面にうつ伏せで落ちたヤミー、そして顔を上げるとすぐさまオーズが顔周辺に蹴りをいれる!

起き上がったヤミーに倒してもまだまだ殴るのをやめないオーズ。

そして最後には両腕でフクロウヤミーを殴り飛ばす!

その攻撃を受けてかなり飛ばされるフクロウヤミー。

オーズはゴリラのような仕草で胸部を太鼓のように叩き腕を構える。ゴリバゴーンを飛ばす準備かな。

しかしフクロウヤミーは後藤さんとタンクに黒いテープの伸ばして自身の元へと引き寄せる。

そしてフクロウヤミーは後藤さんを盾にする。

オーズはその様子を見て攻撃の体勢を解く

オーズ)後藤さん!

そしてフクロウヤミーは反転し、空へと飛び上がった。

14

オーズ)待って!

フクロウヤミーはそのまま遠くへ飛び立ってゆく。

オーズ)後藤s!・・・っく・・・

映司は膝をつき変身が解かれる。

その様子を遠くから見ていた北村。

北村)もう大丈夫。 映司!

遠くから映司に駆け寄る北村。

北村)大丈夫か?

比奈)映司君!

その後ろには比奈ちゃんがいる。

映司)比奈ちゃん 大丈夫?

比奈)私は大丈夫。

北村)犯人の顔は見てないらしい・・・

比奈)すぐに気を失っちゃって・・・

映司)そっか・・・ でもよかった。 無事で・・・

腹を抱えながら立ち上がる映司。

北村)いっつもあんな危ない事してんのか?・・・ そんなに無茶しちゃだめだぞ・・・

アンク)おい!

遠くから映司達の方へと声を出すアンク。

北村)えっ?・・・

アンクはゆっくりと映司達の方へと近づいてくる。

15

その様子をみながら北村は映司の後ろへと隠れてゆく。

映司)北村君 どうしたの?・・・

北村)いや・・・何も・・・

映司の横に来て北村をずっと見るアンク。

16

映司)君のおかげだ。ありがとう。

頭をさげる映司。そして一度アンクの方をみる北村。だがすぐに目を離す。

北村)礼ならいいよ・・・友達だろ・・・

映司)伊達さんと後藤さん助けないと!

二人が喋っている間も北村から目を離さないアンク。 そして北村は映司の腕を取り走り出す。

北村)行こう!

映司達と比奈ちゃんは走り出し、その後ろ姿をみるアンク。

と、そのアンクをみている者たちもいた。

カザリ)フフフ・・・。アンク 次に消えるのは君だよ。

17

手前にカザリ。そしてその奥にはアンク(ロスト)の姿。

アンク(ロスト)はアンクを見て微笑むのであった──

18










──次回の仮面ライダーオーズは──

伊達)身の丈以上の力は 身を滅ぼすこともあるからな。
Dr,真木)メダルが十枚集まるのは危険です。
カザリ)もうすぐ君は消えてなくなる。
アンク)残るのは俺の方だ。
映司)俺に力を貸してくれ!


                       ──親友と利用とその関係──



んんんぉぉおぉ・・・・後藤さんバースならないんですかい・・・

あの次回予告での巣で 「後藤ちゃんバースになった?」 みたいなこと伊達さんが聞くのかな?

そして久しぶりのサゴーゾさんはすごい強さを見せつけましたね。

残る二つのコンボはいつになったら久しぶりに地上波にでてくるのでしょうか・・・

次回予告的に亜種フォームとプトティラですね。

そして戦闘している映像のバースの動き的に伊達さんでしょう!我らの伊達さんよ!

気分高らかに次を待ちましょう。

それでは、また今度。

サヨ~ナラ~(0w0)o尸

スポンサーサイト
  1. 2011/05/09(月) 21:09:20|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 34話 前 | ホーム | オーズ 33話 前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/566-ca789312
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。