あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 34話 後

前回はヤミーにつかまっていた伊達さんと後藤さんを発見し、助け出そうとしていた映司。と、そこへフクロウヤミーの攻撃にあい、後藤さんだけを助けた後、変身をしようとするがヤミーに止められる。そしてそこへ後藤さんのターザンキックがさく裂。ヤミーはもろにそれを受けて吹き飛ぶ。そして映司は変身する。サイ!ウナギ!バッタ! ってところでしたね。

では続きを──




──植物園外──


後藤さんの渾身の蹴りを食らって吹き飛んだフクロウヤミー。

窓を突き破って外に放り出されるヤミー。

そこへ変身したオーズが駆け寄り戦闘が開始される。

フクロウヤミーの攻撃を受け止め次々と攻撃をするオーズ。

蹴りをいれるとそのまま後ろに倒れ込むフクロウヤミー。

ヤミーは体勢を立て直すとオーズに背を向けて飛び立つ!

しかしオーズはすぐにウナギウィップを取りだしフクロウヤミーに巻きつける!

そのままウィップに電流を流して押さえながら一気こちらへ引っ張る。

ある程度近づいたヤミーに対してウィップを外し、バッタの脚力を使ってヤミーの高さまでジャンプ。そして頭部のグラビドホーンで相手を攻撃する!

攻撃をもろに食ったフクロウヤミーは墜落。すぐさまオーズは近づき攻撃を開始する。

)サイウナギバッタって、適当じゃなかった!

オーズは額のグラビドホーンを触りながら実感する。そして攻撃を再開。

と、オーズのいた場所の後ろにアンクの姿。

アンク)当たり前だ。

オーズはヤミーに頭突き、平手打ち、回し蹴りと 多彩な攻撃でヤミーを押していく。

1





──植物園内──

伊達)無茶しすぎだよ 後藤ちゃん!

後藤)あれぐらいの勇気がないとバースにはなれません!

伊達さんの元へかけつけた後藤さん。手にはカンドロイド─クジャク─

クジャクカンで伊達さんの黒い巻きついたものを切る後藤さん。

伊達)よし来た。

解放された伊達さんはすぐに巣を飛び出し腰にベルトを巻いて走り出す。



──植物園外──

オーズによる攻撃はまだ続いている。一方的に。

バース)火野!

オーズは声のした方向をみる。と、そこにはキックのポーズを取ったバースのの姿。

上空からそのままヤミーに蹴りをいれるバース。そのままバースはヤミーと対峙。

)伊達さん!

アンク)映司後ろだ!

アンクの声を聞いて後ろを振り返るオーズ。と、そこにはカザリの姿!

カザリはいきなりオーズに攻撃をしかけてくる。

カザリ)僕が相手になるよ。

攻撃をかわし、そして攻撃するも両者同じ感じ。だが、カザリはオーズに攻撃を通していく。

と、その場に駆けつけた北村の姿。

北村の目に映るのはカザリに押されているオーズの姿。

北村)映司・・・

そして北村はオーズの奥にいるアンクに目をやる。


──ヤミーの生まれた時の後。

カザリ)あのアンクってやつが一番君の邪魔になる。

カザリはそう言いながらスーツを掴んで北村を立たせる。

カザリ)アンクってやつは悪い奴でね。君の友達を利用して ともすれば死なせてしまうかもしれない。

カザリの言葉を聞いている北村──


北村)あいつが映司のそばにいたら危険だ。

そう言ってアンクを見ている北村。そしてヤミーを一度ほってオーズの方へに参戦するバース。

フクロウヤミーはバースを狙わず、アンクを標的にする。

2


アンクはヤミーの攻撃を避けていく。が、ヤミーは黒い物を出現させ、アンクを巻く。

そしてすぐさまアンクを連れて空へと飛び上がる。

その姿を見て笑顔になってくる北村。

)アンク!

アンクを見てそちらへ行こうとしようとしているオーズにカザリは攻撃をいれる。

それを胸部にくらったオーズは変身を解除される。

地面に倒れる映司。そして落ちるコアメダル。

北村)映司?・・・

ウナギのコアメダルは転がり、そしてカザリの足元へ。それを取るカザリ。

カザリ)フフ・・・ も~らった。

変身が解けた映司の元へと近づいて行くカザリ。映司は立ち上がって後ろへ下がって行く。

バース)まずいね こりゃ。

と、すぐにカザリは映司に腕を伸ばして攻撃をする! が、カザリは少し手前で腕を止める。

カザリ)やめた。 またあのコンボを出されたらかなわないしね。 それに物事には順番がある。 今日はこのくらいにしといてあげるよ。

全く別の方向を見て話すカザリ。

映司)順番?

カザリ)僕の狙いは君たちじゃない。

映司に背を向けその場を後にしようと歩き出すカザリ。

映司)まさかアンクを!?

カザリ)またね。

映司)あっ、待て!

すぐさまその場を後にするカザリ。

そして映司、伊達さん(変身解除)、後藤さんは一つの場所に集まる。

北村は下に落ちている サイ バッタ のメダルをひらい、映司達の元へと行く。

映司)早くアンクを追いかけないと。

三人一緒に走り出す映司達を呼びとめる北村。

北村)待てよ!

映司)北村は早く安全なところへ。

北村)いいじゃないか この人達助かったんだし。

映司)北村・・・

映司は北村に背を向けて後にしようとするが北村はすぐに腕をつかむ。

北村)あいつのせいで映司ひどい目にあってるんだろ? 戦って 傷ついて 死にそうになって・・・ なんか昔の夢とかもなくなっちゃったみたいでさ。 そんなのお前らしくないって。

映司)俺は何も変わってないって。

北村)変わったよ。 そんなに目の色変えさ。 ましてや自分で戦うような奴じゃなかったろ?

映司)あのときも・・・

北村)あのとき?

映司)北村の家に行ってたあのときも同じだよ!

北村)映司。

映司)自分ができる範囲で今やるべきことをやるしかないんだ。 ごめん 急ぐんだ。

北村に背を向け走り出す三人。

北村)映司・・・



──空──

フクロウヤミーの輸送されているアンク。

アンクは左手にカンドロイド──バッタ──を持っている。



その下の地面では映司達が捜してる。

映司)アンク!

後藤)アンク!

伊達)アンコ!

映司)手分けして探そう。

伊達)わかった。

三人一人になって別れてアンクを探すことにする。




アンクは地面に置かれる。そこは林のような場所。

と、そこへDr.真木の姿。

Dr.真木)ごきげんよう。

3


アンク)ちょっと待て。なんだ?この気配・・・ まさか・・・お前も身体の中にあのメダルを?

Dr.真木)まだ完全ではありませんが。

アンク)馬鹿な・・・ 人間がグリードになるなんて・・・

Dr.真木)映司君も同じはずですよ。

アンクと会話するドクターの後ろにはアンク(ロスト)の姿が現れる。



映司)アンク!どこだ!?アンク!

声を張ってアンクを探している映司。

そう捜していると、持っていたバッタカンの作動音が鳴る。

アンク)映司!映司!

映司)アンク! 無事か!?

アンク)早く助けに来い!

映司)今どこ?

アンク)知るか!

映司)そんなこと言ったって!

両者場所がわからない感じ。 だが映司はバッタカンから流れてくる音に注目する。

映司)滝の音・・・   滝ってどういけば!?

アンク)だから知るか!

と、喋っている映司に対して後ろからクラクションが鳴らされる。

その音にびっくりし、振り向く映司。車がこちらへ向かっている。

そして映司の前でとまる。

北村)乗れ!

映司)北村・・・

映司は助手席のドアをあけて乗り込む。

映司)滝の場所ってわかる?

北村)ああ。しっかりつかまってろよ。

映司が乗り込むと車は走り出す。林の中を結構飛ばして。

北村)俺さ・・・ お前が家に来るのが嫌でたまらなかった。 なんで俺と関わる? 一人でいたい。 勘弁してくれって。

映司)おせっかいだった?

北村)それ以上。 くったくのない笑顔で 夢を語るんだ。 俺にはまぶしすぎた。 そのときだよ 俺が初めて人に夢を話したのは。お前はうれしそうに絶対できるって言ってくれた。 何の根拠もないくせに。

映司)俺・・・お前に謝らなきゃいけない。

北村)え?

映司)昔の俺 自分の力で 世界が変えられると思っていた。 みんなを助けて 幸せにできるって。 でも・・・できなかった。

車の中で話し合う映司達。だんだんと滝のある場所へと近づく──



滝のある場所にカザリが到着する。

4


カザリ)フフフ・・・どんな気分?

アンク)最悪だ。

ドクターの後ろにいたアンク(ロスト)は人間の姿からグリードの姿へ。

アンク(ロスト))僕だ・・・ 僕は・・・僕になる。

カザリ)もうすぐ君は消えてなくなる。

アンク)残念だったな。残るのは俺の方だ。



北村)なんであの男助ける? 利用されてんじゃないのか?

映司に問いかける北村。


カザリ)フフフ・・・ 強がりも言い納めだね。

アンクの前にアンク(ロスト)が降り立つ。


映司)誰かを助ける力が欲しいから 絶対に失いたくない。

拳を握る映司。

映司)利用しているのは俺の方なんだ。

北村)・・・跳ばすぞ・・・

アクセルをより踏む北村。



アンク(ロスト)はアンクと何かを合わせるようにして向き合う。

北村)この向こうだ。

車は滝の近くに止め、指をさす北村。車を降りようとする映司。

北村)おい映司!

北村は映司の手のひらに先ほどひろったコアメダルを渡す。

北村)お前たちにとって 大事なもんなんだろ。

映司)ありがとう!

映司はそれだけ言うとすぐに車を降りて滝の方へと向かう。



アンク(ロスト)はアンクに手を伸ばしていく。

5


顔に手が触れる寸前。その場に声が響く。

映司)アンク!

その場に現れた映司。そしてそこにいる面子を確認する。

映司)真木博士・・・

アンク)遅いんだよ!

カザリ)邪魔しないでくれる?いいとこんなんだからさ。

フクロウヤミー、Dr.真木、カザリ、アンク(ロスト)はこちらを見ている。

映司は横に歩き出す。

映司)アンク・・・

そして映司は胸に手を当てる。

カザリ)何?

映司)頼む・・・出てきてくれ・・・頼む!

映司は呼びかける。

その姿を見てその場を後にしようとするドクター。

カザリ)あれ?どこ行くの?

Dr.真木)彼が現れるのは想定外です。メダルが10枚集まるのは危険です。

そう言って立ち去るドクター。

カザリ)あっそ。

アンク)映司!

映司)出てきてくれ・・・ 俺に力を貸してくれ!

そう言うと映司の腹から三枚のコアメダルが出現する。

そして映司の顔の前まで出てくる。映司の目は紫だ。

しかし映司はそれを自分の手で取る!目はいつも通りに戻っている。

すぐにメダルをセットし、スキャンする。

映司)変身!

キンキンキン

プテラ! トリケラ! ティラノ!

 プットティラ~ノザウル~ス

変身後すぐに走り出すオーズ。

アンクは自力で巻きつかれていた黒いのをはらって解放されている。

オーズVSカザリ アンク(ロスト) フクロウヤミーの戦いが始まる。

オーズはアンク(ロスト)をどけてフクロウヤミーの首周辺を持って走りだす。

6


そしてある程度走ってから、そのままヤミーを木に叩きつける!

その一撃で何枚かセルメダルが落ちてくる。

そのうちの一枚を手に取ると、腕を地面にいれてメダガブリューを取りだす!

そしてすぐに手前にいるフクロウヤミーを切りつける!

その後オーズはカザリと目が合う。標的を変えた。

7


メダガブリューを構えなおしカザリの方へと走り出す。

カザリはそれを避ける。だが何度もプトティラの攻撃は避けられず、メダガブリューをオーズが付きだし、それを胸部におもいっきりぶつけるカザリ。

その時、カザリから一枚コアメダルが落ちる。

そしてそのメダルをしっかりとキャッチするアンク。

アンク)ざまあみろ!

手にはチーターのコアメダルを持っていた。

8


尚も攻撃の手を緩めないプトティラ。とそこへ!

アンク(ロスト))ヤーッ!

アンク(ロスト)はオーズの背後から強力なキックを放つ!

9


その攻撃はオーズの背中にヒットし、周りを炎一帯にする。

着地するアンク(ロスト)。振り向くとそこにはうつ伏せで倒れるオーズ。

10
11


カザリ)やったか!?

すると急にオーズはメダガブリューを掴み取る!

背中から煙がでているにも関わらずその場に立ち上がりゆっくりとカザリ達の方を向く。

12


その様子を見て二人は構える。

オーズ)ウゥゥ・・・

メダガブリューを構えて走り出すオーズ。

アンク(ロスト)に一回。そしてカザリにも一回切りつける。

そうした攻撃をしていると、オーズの背後をつかむフクロウヤミーの姿。

オーズは標的を変えてヤミーを攻撃しまくる。

カザリ)ここまでか・・・行くよ。

その場を後にするカザリとアンク(ロスト)。

フクロウヤミーは、腹を何度も切られていた。

そして最後の攻撃を受けてはじき飛ぶ。その後オーズはメダガブリューにセルメダルを一枚投入する。

13


メダガブリュー)ゴックン!

そしてアックスモードからバズーカモードに切り替える。

プットティラ~ノヒッサ~ツ

その様子を見たフクロウヤミーは飛び上がり逃げようとする!

しかしオーズはしっかりとヤミーに照準を合わせて発射!見事に命中する。

14


そしてメダルが散乱する。その後オーズは前方にいる北村に対してメダガブリュー(バズーカモード)の先を向ける。

北村)え?・・・ちょっ・・・ちょっ!

アンク)邪魔だ!来んな! おい映司!  こっちだ!

アンクはオーズに呼びかける。オーズは振り向き標的をアンクに変える。

アンクは走り出し、その後を追いかけるオーズ。

オーズの攻撃をギリギリ具合のところで避けていくアンク。

よけながら走ってオーズと距離を置いてアンクは振り返る。

そこへ突進してメダガブリューを振り回すオーズ。

しかしアンクはそれをジャンプして避けて近くの岩に飛び乗る!

そして向かい合う両者。

15


アンク)映司! 俺はお前がどうなろうと構わない。 だがな! 俺は何があっても完全に復活をとげる! そのためにお前の力が必要だ!

オーズは再度メダガブリューを構える・・・

アンク)だから・・・だから手伝え!

アンクは乗っていた岩から飛びオーズの方へ向かう!

オーズはメダガブリューを振りかぶる!

アンク)ウォー!

オーズ)ウゥォー!

その様子が見えるところにいる北村。そして後ろに後藤さん、伊達さんが到着。



アンクはメダガブリューをグリードの手でうけとめていた・・・

触れている場所からは煙が出ている。

16
17


アンク)うおー!

アンクはオーズの腰の部分に構えてオーズドライバーを持ち、変身を強制的に解除させる。

18


オーズ)うっ・・・あ・・・

そのままアンクの腕の上に倒れ込む映司。

オーズドライバーにはまっていたメダルは身体の中へと入って行く。

そして映司は気を取り戻す。映司はアンクを見る。

映司)お前なら・・・絶対止められると思った・・・

それだけ言うと映司は目をつむった。

20


そしてその様子を見ていた北村は肩を下げてその場を後にする──

19





──クスクシエ──

知世子)今日はお休みいただいているので すみません。 はい 次の機会にお願いします。

知世子さんは電話を取っている。そうしているとクスクシエの扉が開く。

一同)ただいまー!

映司達、レジャーランドにいっていた人たちが帰ってきた。

受話器を置こうとした知世子さんは再度受話器を耳元へ。

知世子)あ!たった今大丈夫になりました! はい お待ちしております!

受話器を置いて映司達の方へ来る知世子さん。

知世子)みんな! ちょうどよかった! 今から団体さん100人のパーティーなの。

一同)え!?

21


知世子)手伝って~

比奈)今からですか!?

映司)あ 俺やります

比奈)じゃあ 私も

後藤)俺も手伝います。

知世子)後藤君!助かるわ~ うれしい!

伊達)作りますよ 和洋中なんでも。 ギャラは一流ですけど。

知世子)バイト代なら弾むわよ。みんなで頑張りましょう

映司)アンクもよろしく!

アンク)チッ・・・馬鹿か・・・

そう言って一人厨房には入らずにいたアンク。アンクは右手で左手を殴る。

しかしプトティラの件があり、激痛がアンクに走る!

一人痛みに苦しむアンクだった・・・──

22








──次回の仮面ライダーオーズは──

???)優勝は泉比奈さん!
知世子)お洋服を作るのは比奈ちゃんの夢なのよ。
アンク)くだらない・・・
Dr.真木)夢の破壊者ですか・・・
映司)絶対に夢をあきらめちゃダメだ。
比奈)無理・・・お兄ちゃんの事を考えると・・・


え、別の話なんだけど、全然キーボードが反応しないだと・・・

これ書くのに何時間いると思ってるんだ・・・それを軽く超えていくぞ・・・

あー、宿題やってない!くっそー!


今回は後藤さんのもじもじがつぼです。

そしてロストのキックを受けたと立ち上がるプトティラのかっこよさは異常です。怖いです。

次の話はお兄ちゃんのことだとか、伊達さんの身体のこと。そしてサゴーゾがメダガブリューを持っていること・・・

いろいろとわくわくです。

ただ、ちょっと次書くときもこんな調子じゃ・・・書けないな・・・

FC2があかんのか!それともキーボードなのか!ちょっとメモ帳で試してみますかね・・・


それでは、また今度。

サヨ~ナラ~(0w0)o尸

スポンサーサイト
  1. 2011/05/16(月) 23:47:19|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 35話 前 | ホーム | オーズ 34話 前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/568-bd27808d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。