あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オーズ 39話 前

そういえば!

カナダの量販店?みたいなところで←のたいやき落としたみたいです。

ということで、こりゃー画像詐欺だと、いうことになっちゃうので!

何か別のを見つけにジャスコに行くのもめんどくさいので、家にある何かに変わろうかと。

と、言ってもそうゆうのは特にないんだよね・・・


サヤです。


前回は伊達さんが1億円を得ることに成功して、旅立ち、後藤さんがバースを受けつぐことになり終わりましたね。



──本編──


夜。外は雷が落ちている。

クスクシエの二階で寝ているアンク。

アンク)ヤミーだ。

目覚めるアンク。

アンク)おい 映司! 映司 行くぞ!

扉に向かって いざ行こうとするアンクは起きてこない映司の方へと振り向く。

映司は眠ったまま動かない。

アンク)おい 映司!

アンクは映司に近づいて布団を引き離す。

と、布団を取って見ると、そこには口から血を出している信吾さんの姿が現れる。

驚くアンク。そして体のほうの布団も離していく。

1


信吾さんの体の周りには大量の赤い羽根が落ちている。

アンクは驚き、そのまま後ろへ下がっていく。

空いた口が塞がらない状態で下がっていくアンクに、

映司)アンク。 お前のメダル・・・

声のする方向を見るアンク。そこには映司。

映司)お前のメダル もらうよ。

アンクはその言葉を聞いて体ごと映司の方に向けて映司から離れていく。

アンク)映司 お前・・・

そのままアンクは窓の手前まで下がっていくと、窓から大きな風が吹く。

信吾さんの上にある羽根は風につられて部屋の中を飛ぶ。

アンクはゆっくりと、風の強い扉の向こうに目をやる。

と、その窓の上から頭を下に向けたアンク(ロスト)が現れる。人間体で。

アンク(ロスト))君は僕なんだから 早く僕のところに戻って!

アンクは少し後ずさる。

アンク)ふざけるな!

アンクは右手を前に出す!

と、その瞬間横から腕をつかまれる。映司によって。

映司)オーズが組むべきアンクは お前じゃない。

アンク(ロスト)は外で体をひっくり返し、頭を空へとむけなおす。

そしてすぐ近くまで迫ってくる。

アンク)あっ・・・!

アンクは膝をついてしまう。

そして迫ってくるアンク(ロスト)、迫りながらグリードの姿へと変わっていく。

膝をついて、映司に腕をつかまれているアンクのすぐ頭上にやってくるアンク(ロスト)。

2


アンク(ロスト))おかえり・・・僕・・・

映司によって腕を上に伸ばされているアンク。

アンク(ロスト)はその手の前に手を持ってくると、アンクの手を力強く握った。


そしてアンクは目が覚める。

今まで見ていたのは夢だった。

アンク)はぁ・・・ はぁ・・・ はぁ・・・ はぁ・・・

アンクはクスクシエの一階にある椅子に座っている。

目覚めたアンクは肩を大きく動かしながら息をしている。

映司)何? どうかした?

声のする方向にゆっくりと振り向くアンク。

そこには箒を持って掃除している映司の姿。

3


アンクは椅子から立ち上がり、おぼつかない足取りで映司の元へと向かう。

そして映司の両頬を片手で押さえる。

映司)・・・なんだよ?

アンク)お前の中の紫のメダル なんともないだろうな?

映司)今は 別に・・・

アンク)絶対に抑え込んどけよ!

そう言うとアンクは映司の頬から手を話す。

映司)わかってるよ。 なんだよ いきなり・・・

アンクは頭に手をやり、ふらふらと店の奥へと歩いて行く。

アンク)クソ・・・ なんで この俺が夢なんか・・・ この体のせいか?

店の奥で壁に手を置きながら考えるアンク。

と、その時クスクシエの扉が開く。

下田)おはようございます!

入ってきた人に目をやるアンク。

下田)早くにすいません。 私今度町内会長になりました 下田 下田 下田権造と申します。

映司の手前に来て映司に名刺を渡す下田。

映司)え・・・ ああ お世話になっています。

下田)店長さんは?

映司)ああ ちょっとまだ・・・

下田)じゃあ ちょっと 確認してもらえますか? すい すい すいません。

なんとも元気な人が町内会長に。アンクも視線を別のところへと向け変えた。


映司と下田はクスクシエの店の外に出た。

下田)今度 町内の安全のために防犯カメラを設置しましてね。

クスクシエの手前にある駐車禁止(?)のマークがついているポールのところにカメラがついている。

7.クスクシエ と書かれた防犯カメラの映像が映る。

4


映司)あ なるほど・・・

リアルタイムでしっかりと撮影している。

そして街を見渡す映司。その視線の先にはいくつも設置されている防犯カメラが設置されているのを確認する。

映司)ずいぶん たくさんありますね。

下田)世の中 物騒ですからね。 で 不審者を 取り締まっているが その中でですね・・・

映司の横にゆっくりと歩いていくる下田。そして何かを手渡す。

下田)これ すいません・・・

映司)あっ!?

映司が受け取ったのは写真。そこには屋根に上っているアンクの姿が映っている。

5


下田)この方 昼夜問わず 窓から出入りしてますよね? あの・・・すいません。

アンクの事に対して質問する下田は謝り頭を下げる。

下田)それで あなたは 以前 公園で寝泊まりしていたという 目撃情報が・・・ すいません。

映司)あれは その・・・

下田はまた謝り頭を下げる。

下田)すいません。 それでですね 街を健全に保つために 自主的な退去を お願いできれば・・・

映司)そんな 退去って!? そんな いきなり・・・

下田)町のためなんです。 よろしく・・・ よろしくお願いします。

頭を下げながら体の方向を変えて映司に背を向けて立ち去る下田。

すぐに扇子を開いて自分を仰ぎながらクスクシエを後にする。

と、映司の横で扉に手を置いて持たれているアンクがいる。

アンク)なんなんだ?

映司)いや・・・ 何がなんだか。

アンクすぐにクスクシエへと戻っていく。

映司も首に手を当てて戻っていく。

下田)どうも どうも どうも どうも!

映司は声のする方を見る。と、そこには走って奥さんの方へと目指す下田の姿。

下田)奥さん!不審者や 町を乱す人たちがいたら 教えてくださいね! すいません どうも どうも!

笑い声をあげながら話す下田。

その様子を見て映司はすぐにクスクシエへと戻っていった。

下田)昼間っから 何やってんのあんたたち! いい若者がこんなところ 座り込んで もう 行儀悪いよ!

若い人に注意する下田。と、その様子を木の上で見ているアンク(ロスト)の姿。

アンク(ロスト))取り戻さないと・・・ 僕を。

手にはセルメダルを一枚持っている。

そしてアンク(ロスト)は背中から大きな羽を出現させるのであった──

6



──OP──

カウント ザ メダルズ 現在オーズが使えるメダルは──

7


タカ×2 クジャク×1 バッタ×1 ライオン×1 トラ×1 チーター×1 ティラノ×2 トリケラ×1 プテラ×2 ゾウ×1 サイ×1 ゴリラ×1 シャチ×1 タコ×1 ウナギ×1






クスクシエの前の防犯カメラは右から左へと角度を変えて町を見渡している。

千代子)何よ これ・・・ いくら町内会長でも こんな権利ないわよ!

千代子は下田から渡されたアンクの写真を見て怒っている。

その様子を厨房からちらっと見るアンク。袋からアイスを取り出している。

千代子)こんな隠し撮りしたり 映司君のこと調べたり。 おまけに出てけって!

写真をくしゃくしゃにして鞄を置いて暴れる(?)千代子さん。

比奈)ひどすぎます。 映司君達が出て区なら 私だって!

映司)ダメだよ・・・ 比奈ちゃんまで そんな・・・

比奈)だって・・・

奥でぐねぐねと怒りを表している千代子さん。

アンク)何をガタガタ言ってる。 別に出て行く必要ないだろ。

アイスを手に厨房から出てきて話すアンク。

千代子さんは手を噛みながらその言葉を聞く。

千代子)そのとおり! 大丈夫 私 今からきっちり抗議してくるわ! まったく! 今度の町内会長は腰の低い人だな~ なんて 思ってたのに とんでもないわ!

と、支度をしてクスクシエの扉を開けていざ行こうとする千代子さん。

8


しかし、

千代子)あっ それはそうと・・・ アンクちゃん聞いたわよ。 今日 誕生日だって?

千代子は話しながらアンクに近づいていく。

アンク)あ?

映司)えっ!?

驚く映司。と、その横に立つ比奈ちゃんは焦りの表情。

そして映司の手を引っ張って店の奥へと歩いていく。

千代子)おめでとう! なんで言ってくれないのよ! 今夜は盛大にパーティーしましょ。 お店なんてお休み。 ねっ!

アンク)意味わからん。

アンクはそれだけ言うとその場から立ち去った。

千代子)んもう! 照れ屋なんだから。かわいい!

その千代子さんの後ろでコソコソしている二人。

映司)えっ? 刑事さんの誕生日?

比奈)うん。 それでやっぱり お祝いしたいなと思ってプレゼント選んでたら 千代子さんに会っちゃって つい。

映司)アンクの誕生日って 言っちゃったんだ。

プレゼントを手にしゃべる二人。

千代子)抗議してくるわ。 後は任せたわ。

千代子さんはそう言ってクスクシエの扉を開き出ていった。

映司)いいんじゃない?

比奈)えっ?

映司)やろうよ 誕生日パーティー。 アンクは お兄さんの代理ってことで。ねっ。

その言葉に比奈ちゃんは笑顔になる。



──鴻上ファウンデーション──


会長の部屋。会長は部屋にあるピアノを引いている。

鴻上)ハッピー バースデイ トゥ ユー

会長の後ろには後藤さんの姿。いつもとは違う服装でいる。

鴻上)新しい仮面ライダーバース 後藤慎太郎君の誕生だ。

後藤さんの前に里中さんがケーキを運んでくる。

9


会長の引くピアノの上にカンドロイド、セルメダル、バースドライバー、バースバスターが置いてある。

鴻上)伊達君の抜けた穴を しっかりと埋めてくれたまえ。

後藤)はい。 正式に許可していただいたこと 感謝します。

10


頭を下げる後藤さん。そして会長が立ち上がる。

鴻上)ただし 問題が一つ。 君も実際体験したとおりバースには サポートがいたほうがより戦いやすい。

後藤)それは 確かに。 しかし 簡単に頼めることでは。

鴻上)私が選んでおいたよ。

会長は目線を別の方向へと向ける。

後藤さんもそちらに目をやってみる。

そこには里中さんの姿。

そして会長はウィンクしてみせる。

里中)よろしく。

里中さんは握手を求めるよう後藤さんに手を差し伸べる。

鴻上)新しいコンビの誕生だ!

そして鴻上会長はすぐにピアノを弾く。後藤さんは里中さんの方を見るとプイッと違う方向に目をそらされてしまう。

11


鴻上)ハッピー バースデイ ハッピー バースデイ



──クスクシエ──


クスクシエの二階では映司がおもちゃのピアノでHappy Birthday to Youを弾く映司の姿。

12


それを弾き終えるといつもの定位置に座ってアイスを食べているアンクに目をやる。

映司)なあ 頼む。 誕生日くらい 刑事さんの代わりやってよ。

アンク)くだらないんだよ 何がパーティーだ。

映司)比奈ちゃんへの恩返しと思って。

アンク)あ?恩返し?

映司はおもちゃのピアノを置いてアンクに近寄っていく。

映司)ほら いつか お前がついてなくても刑事さんは助かるって わかったとき 比奈ちゃん言ってくれたろ?

──ユニコーンヤミーの回。病室で横になっている比奈ちゃんのところに映司とアンク。

映司)どうする?アンクに出てってもらう?

比奈)もう少し・・・ お兄ちゃんと 一緒にいて。──

思い出すアンク。

映司)刑事さんの体 使えてるのは 比奈ちゃんのおかげなんだから・・・

と、喋っている途中の映司の口に食べていたアイスを突っ込むアンク。

アンク)恩に着せるな。

むせる映司。そしてアンクは定位置から降りてきて映司に話す。

アンク)この体を使うか捨てるかは 俺が決める。 比奈の奴が どう言おうと 関係あるか。

13


その二人の部屋の外の廊下で会話を聞いている比奈ちゃん。

比奈)≪あのとき 私がアンクに ああ言ったのは・・・≫

と、その時扉が開いて映司が出てくる。アイスはなくなり、棒だけになっている。

映司)あっ・・・ あ・・・ 大丈夫 大丈夫。 後でもう一回話すから。

比奈)映司君・・・ もし もし私が あの時アンクに出てってほしいって言ったら 映司君どうしてた?

映司)えっ?

14


比奈)どうしてた?

今度はその会話を一枚の壁越しに聞いているアンクだった。



──下田の家──


千代子)ですから 一体 どういうことなんですか?

下田の家のインターホンを通して話をする千代子さん。

智子)私には わかりません。

千代子さんと話しているのは妻の下田智子さん。

千代子)ですから いきなり不審者扱いはおかしいと思うんですよ。

その千代子さんの後ろで働いている防犯カメラ。

そのカメラが写し出している番号は4。そして1。

15


両方のカメラが玄関を移しており、千代子さんがしっかりと映っている。

智子)今主人 おりませんので。

千代子)だから 防犯カメラは やりすぎだと言っているんです。

歩きながら会話する智子さん。結構でかい家である。

防犯カメラはまだ存在しており、6 2。4 1とまた違った角度で玄関を映している。

智子)決めたのは主人ですし。

千代子)だから 奥様から会長さんに 伝えていただけませんか?

まだ防犯カメラ。5 3。今度は千代子さんの上にあり、もう一つはインターホンの下ぐらいに設置してあり、千代子さんの胸から上ぐらいをとらえている。

智子)いつ帰るかは わかりません。 ごめんください。

そしてインターホンが切られる。

千代子)ちょっと! あの・・・ キーッ!

再度防犯カメラ1に映る千代子さん。



智子さんは勢いよくふすまを開いた。

下田)ギャーギャーギャーギャーうるせえなあ! 白石千代子 反抗的!

下田は防犯カメラの映像を見てギャーギャー言っている。

紙に白石~反抗的の文を書いて後ろに飛ばす。

その様子を後ろでじっと見ている智子さん。

16


下田)えーっと 次は・・・

下田の前には三つのモニター。

17


二つは大きな画面で一つの画面に16もの映像が流れている。

もうひとつは小さいので6つの映像が流れている。

計38の映像を一気に監視している下田。

下田)おおっ! 今日は ゴミの日じゃないぞ!

11.中田 と書かれた映像には男性がゴミを捨てている映像が映る。

18


下田)中田家 ゴミ出し違反。

下田はペンを走らせている中、後ろの部屋で智子さんは書始め出した。

下田)八木家・・・ 非常識。

10.八木 そこには畳(?)を家の前の道路に置いて布団叩きで叩いている男性の姿。

19


下田)清水家 敷地からのはみ出し。

14.清水 清水さん夫婦は家の前で花を(雛段?)飾っている。

20_20110626172750.jpg
21


そしてメダルが溜まっていく。


花の手入れをしている清水さんのとこの男の方を急につかむヤミーの姿。

奥さん)キャッ!ああっ!

つかんですぐに放り投げるヤミー。

次に八木さんのところに現れるヤミー。

八木さんをつかんで放り投げるヤミー。

22


その次には中田さん。

ゴミを置いて家に戻ろうとしている中田さんをつかむヤミー。

そして彼も放り投げた。

その様子を防犯カメラを通して見る下田。彼は笑っている。

下田)おっ!

下田はクスクシエの前に仕掛けている防犯カメラの映像を見る。

そこには映司とアンクの姿。

映司)ヤミーだな。

アンク)ああ。

走り出す二人。その様子を見ている下田。

下田)またあの二人・・・!




別のところの防犯カメラは橋から物を投げている男性をとらえている。

23


次に台のようなもの持って投げようとすると、後ろから急につかまれる。

男性)おっ!うわあっ!

そして男性を持って一度、二度と橋の手すりにぶつけていく。

その時に持っていた台は橋の下に落ちる。

そして三度目は男性を橋の上から下に投げ落とすヤミー。

男性)わあっ! わあぁっ!

そのまま落ちて背中を強打する男性。

落ちた後、ヤミーの元についた映司。

ついた瞬間ヤミーに蹴りをいれる。

映司)逃げてください!

橋の下に落ちた男性に呼びかける。

そしてヤミーのところへ走り出そうとする映司だが、すぐに引き返して橋の下に向かって、

映司)それ 拾ってってくださいね!

そう言ってヤミーと戦闘を始めるオーズ。

その下で自分が落としたものを拾い集める男性。

アンク)映司!

橋の向こうから来たアンクはすぐにメダルを投げる。

映司はヤミーを殴り飛ばし、振り返ってメダルをキャッチし、すぐにセットしてスキャンする。

キンキンキン

映司)変身!

タカ!トラ!バッタ!

       

)ハッ!

変身してすぐにトラクローを活用して攻撃していくオーズ。

まだ成長しきっていないヤミーなので楽に攻撃が入る。

相手が攻撃してきてもそれをガードしてすぐに攻撃を入れる。

攻める一方である。

そしてトラクローを下から上に振り上げてヤミーを少し飛ばす。

ヤミーは少し立ち上がると、赤い卵のようなものに覆われて、すぐにそれは割れる。

そこから出てきたのは軍鶏ヤミー。すごい頭をしている。

)鳥のヤミー!?

軍鶏ヤミーはムエタイのポーズをとって見せる。

24


)っていうことは・・・

アンクの方に振り向くオーズ。

アンク)クソ・・・! また俺のメダルで遊んでんのか。

軍鶏ヤミー)オーズ 邪魔はやめてもらおう!

)おっ!あっ!

いきなり蹴りをかましてくる軍鶏ヤミー。その攻撃をもらって後ろに倒れるオーズ。

次は連続で殴ってくる軍鶏ヤミー。そっちは避けるオーズ。

その後軍鶏ヤミーはオーズに背中を向けてムエタイのポーズをとっている。

オーズは迷いながらもトラクローで攻撃しようとするが、その瞬間軍鶏ヤミーは振り返ってオーズを一発殴る。

)わあっ!

オーズは逆転されて押されるのであった。



──真木の家──

Dr.真木)ヤミーを作ったよんですね。

階段を降りながら問うドクター。

その階段の先でチェスをしているアンク(ロスト)とカザリの姿。

アンクロスト)早く僕を 僕のものにしないといけないから。

カザリ)さすがはアンクの・・・ っていうべきなのかな。 ここの成長の速さはすごいよ。

頭に指を置いてドクターに言うカザリ。

アンクロスト)チェック。

カザリ)ほらね。

25


Dr.真木)なるほど。 ここまで はっきりと意識が 確立していれば 確実にもう一人のアンク君を取り込めるでしょう。

そう言うドクターの後ろから現れるメズール。

メズール)800年前とは違う 新しいアンクってわけね。

ドクターの手に触れるメズール。ドクターはすぐに離れる。

Dr.真木)そうなります。 チェック。

ドクターはカザリの駒を動かす。

考えるアンク(ロスト)。その考えているアンク(ロスト)の駒を取るメズール。

メズール)フフ・・・ チェックメイト。  詰めが甘いわよ ドクターの坊や。

そう言われてキヨちゃんの首が後ろに下がってしまう。

その時、奥から走ってくるガメルの姿。

ガメル)んん~

ガメルはそのまま走り、台の上に上半身を乗せる。

チェスの駒は床にバラバラと落ちていく。

ガメル)メズール! 俺 つまんない!

メズール)ガメル・・・

カザリ)あ~あ メズールの悪い癖だね。 ドクター 気に入られちゃったみたいだよ。

Dr.真木)迷惑です。

その四人とは離れて窓を見ているアンク(ロスト)。

26


アンクロスト)僕は・・・ 僕を・・・




オーズと軍鶏ヤミーの戦いは続いている。

)うわっ!

オーズは軍鶏ヤミーに押され続けている。

軍鶏ヤミーは自分の羽根を飛ばして赤いリボンにしてオーズに飛ばす。

27


)おっと!

オーズはそのリボンを避けて見せる。

その後もリボンは何度も飛ばしてきて、オーズはそれに引っかかってしまう。

)わあっ! なんだ これ!?

28


かなりリボンに絡まっているオーズ。

アンク)おい 映司! メダル 変えろ!

アンクはメダルを取り出してオーズに投げる。

キャッチし、ドライバーにセットしてスキャンするオーズ。

キンキンキン

シャチ!ゴリラ!チーター!

変身のエフェクトでリボンを切り離し、立ち上がるオーズ。

29


オーズに背中を向けて手をぐるぐるしていた軍鶏ヤミーはオーズがリボンから離れていることに気づき、再度リボンを飛ばし始める。

しかしオーズは、チーターの俊足を生かして、リボンを避けていく。

軍鶏ヤミーはリボンを飛ばすのをやめて次の攻撃に移る。

両手を合わして頭を下げると、頭の脳のような場所から炎が噴出される。

)ハッ!

シャチの能力を使ってオーズは水を噴出する。

炎と水がぶつかり、消火される炎。

30


負けじと、二回目の炎を噴出する軍鶏ヤミー。

だが、一回目と同じように、水で消火される。そしてそのまま水を軍鶏ヤミーに飛ばして攻撃を与える。

転がる軍鶏ヤミー。立ち上がるとすぐにオーズが飛んできて、殴られるヤミー。ゴリラで殴られたためかなり吹っ飛んだ。

そのまま逃げようとする軍鶏ヤミー。

シャチ!ゴリラ!チーター!待てっ!

軍鶏ヤミーに逃げられてしまった。

と、その様子を防犯カメラで見ていた人物・・・下田。

31


下田)くっ! オーズ・・・ アンク・・・!




──鴻上ファウンデーション──


後藤さんは会長の部屋で先ほど出されたケーキを食べている。

32


後藤)バースに必要なサポートは いろいろあるが 一番人湯なのは チームワークだ。 それが崩れれば・・・

里中)大丈夫ですよ。 私たち チームじゃないですか。 私が会長秘書で 後藤さんは秘書補佐。 ちあみに役職は今まで通りなんで 私が上司ですから。

ファッション雑誌を読みながら里中さんはそう答える。

後藤)はいはいはいはい・・・ わかった わかりました。

後藤さんはそう言ってケーキの上に乗っている名前のかかれたお菓子にフォークをさす。

33


と、里中さんは腕時計を見る。

里中)そろそろ休憩 終わりですね。

里中さんはテーブルの上に置いてあるゴリラカン(缶状態ではない)を手にとりひっくり返してスイッチを起動させる。

34


その様子を見て驚く後藤さん。

後藤)スイッチ切っていたのか!?

里中)休憩中ですから。

後藤)バカ! 敵は いつ現れるか・・・

里中)後藤さん! チームワークですよ。

後藤さんはため息をつく。そしてフォークを刺したお菓子を手にとってそれを食べるのだった──

36


─後に続く─
スポンサーサイト
  1. 2011/06/26(日) 17:34:15|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーズ 39話 後 | ホーム | オーズ 38話>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/579-ee3784f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。