あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダーオーズ 48話(最終回)

仮面ライダーオーズ 前回の3つの出来事

1


一つ、自分の欲望に気づいた映司は力を、そしてメダルを求める。

二つ、一瞬でも欲望を忘れたアンクはメダルを失う。

そして三つ、ウヴァが完全復活を果たす中 世界の終末が始まろうとしていた。



前回ウヴァに戦いを挑んだWバース。

しかし、完全復活したウヴァとの力の差は激しく大きかった。

2


)この昆虫野郎!

地面を一度叩きウヴァに攻撃を仕掛ける伊達バースだが、ウヴァは返り討ちにする。

次にショベルアームを装備した後藤バースが攻撃するも、こちらも返り討ち。

伊達バースは次にクレーンアームを装備して挑むが、クレーンアームを掴まれて攻撃をくらい、最後にシュプリンガーハーケンを切り離されてしまう。

ウヴァ)ゴミが

手に持っているシュプリンガーハーケンを後方に捨てるウヴァ。

Wバースはウヴァの攻撃によって変身が解除され倒れている。

後藤)伊達さん・・・大丈夫ですか?・・・

ウヴァ)今までこんな奴等にてこずっていたとはな

鼻で笑いベンチに腰を下ろすウヴァ。

と、その時。ウヴァの左手にある場所から大きな音と煙が上がる。

3


その場にいるみんなはその方向に目を向ける。

その視線の先にあるのは 鴻上ファウンデーション。

そして現れたのは火野 映司。

一歩、一歩歩くたびに地面はヒビ割れ、地面が少しへこんでいく。

こちらに歩いてくる火野を見、ベンチから腰を上げるウヴァ。

後藤)火野・・・!

映司はベルトを腰に巻いてこちらに歩いてきている。

4


伊達さんはただ映司を見ているのだった。

そしてその伊達さんたちの後ろにある建物の屋上には その様子を見ているDr.真木の姿。

鴻上)ドクター真木 久しぶりだな。

真っ赤かのスーツを着込んだ鴻上会長がDr.真木の後ろから歩いてくる。

Dr.真木は向きを変え、会長の方へと向きを変える。

5


Dr.真木)あれは?

鴻上)オーズだよ 本当の。

二人がいる建物の壁には大画面のモニターが付いていて、それを見ている伊達さんと後藤さん。

Dr.真木)本当のオーズ・・・ しかしメダルは全てこちらに

鴻上)君は忘れたかね 800年前コアメダルはそれぞれ10枚ずつ作られた事を。

Dr.真木のいる場所の横に立つ鴻上会長。


鴻上)お見せしよう。 これが800年前の王が初めての変身に使った10枚目。 タトバコンボだ!

6


Dr.真木に見せるように三枚のメダルを手に持つ会長。

そしてすぐに勢いよく映司の方に投げる。

映司はしっかりメダルをキャッチし、一枚ずつセットしていく。

映司)後藤さん 伊達さん 離れててください。

オースキャナーを手に持ち

映司)変身!

キンキンキン

タカ! トラ! バッタ!

      

いつもとは違う方向に出てくるタカとトラとバッタのマーク。そして重なり映司に胸元へと向かい、変身。仮面ライダーオーズ。

7





カウント ザ メダルズ 現在オーズが使えるメダルは──

8

タカ トラ バッタ プテラ(3) トリケラ(2) ティラノ(2)


最終話 明日のメダルとパンツと掴む腕


ウヴァに向かって歩き出すオーズ。

そのウヴァは勢いよくオーズの方へと走っていく。

オーズはウヴァを避け、背中に攻撃。

体制を立て直し、次の攻撃をしようとするが、オーズはそれを簡単に止め、ウヴァに攻撃。

攻撃をくらい膝をついているウヴァの元に、メダガブリューとメダジャリバーを持ってオーズは近づく。

そしてウヴァが立ち上がるとオーズはまずメダジャリバーで斬りつける。

攻撃を受け、後方に転がる。が、すぐに立ち上がるウヴァ。

次はメダガブリューで斬られるウヴァ。

続けざまにメダガブリューとメダジャリバーで斬るオーズ。


鴻上)コアメダルの力で世界を終わらせるわけにはいかない。 欲望のメダルは世界の再生のためにある。

Dr.真木)世界は終わらせるべきです。

鴻上)違う。 この飽和し伸び悩む世界も 欲望で一変する。 欲望が新たな文化 さらなる高みへと導く。 進化するのだ。 見たまえ あのオーズの力を。

会長が喋っている間もオーズによる攻撃は続いている。

9


Dr.真木)いいえ。 何も存在しない究極の無。 それこそ人が到達しうる最高の高みです。

腕に乗せているキヨちゃんを取り、手だけをもって今までとは違う雰囲気を出している。

10


そしてDr.真木は姿を変え、グリードに。

その下では、オーズがウヴァを両刀で斬り、そのまま背中をウヴァに向けるオーズ。

そしてすぐにガブリューとジャリバーを投げ離す。

スキャニングチャージ!

ウヴァはオーズの背中を右手の爪で攻撃しようとするが、オーズは空へと飛び上がる。

上空でオーズは一度体を回転させ、赤 黄 緑のサークルが出現。

それを一つずつ進んでいき

オー)ウオーーッ! ハーッ!

11


オーズの放ったタトバキックはウヴァの胸元へと直撃する。

ウヴァ)うおっ! うぅ・・・!

ウヴァから爆発が起きる。

と、その時 ウヴァの前に下りてくるDr.真木。

Dr.真木は5枚のコアメダルを手にし、爆発の中へとコアを投げ入れる。

12


チャリン!

そして、爆発と共に緑の光が溢れ、爆発は収まり、そこにはウヴァが立っている。

ウヴァ)おお・・・ ドクター 感謝するぞ!

危機を逃れたウヴァはDr.真木に近づき、手を広げて感謝する。そしてオーズの方へと向きなおす。

驚くオーズ、伊達さん、後藤さん。

Dr.真木)手段は美しいとは言えませんが もたらす終末は きっと美しい。

13


Dr.真木は手に複数(6枚?)のコアメダルを手にし、

ウヴァ)そうだ

そう言ったウヴァの後頭部にコアメダルを投げ入れる。

チャリン!

その瞬間ウヴァは頭を押さえて、Dr.真木に向き直す。

ウヴァ)うっ! やめろ・・・ これ以上はいい 俺は暴走する気はない。

ウヴァはDr.真木から後ずさりながら遠慮する。

14


Dr.真木はゆっくりと歩いてそれについていく。

Dr.真木)志という点では オーズを見習ってください。

メダルを手前に持つDr.真木の姿を見、背中を見せて走り出すウヴァ。

ウヴァ)うぅ・・・!

Dr.真木は走り逃げようとするウヴァの背中に3枚のコアメダルを投入する。

チャリン!

ウヴァ)うっ! よせと言っている!

ウヴァは引き返して、Dr.真木を攻撃しようと走ってくるが・・・

チャリン!

向かってくるウヴァに5枚(?)コアメダルを投入する。

ウヴァ)うっ・・・! うあっ・・・ うぅ・・・

ウヴァは立ち止り苦しんでいる。

その様子伊達さんと後藤さんは見ている。

その視線の間を横切るオーズ。

オー)オーッ! ハッ!

オーズは走ってDr.真木に攻撃しようと腕を伸ばすが、Dr.真木は腕を立ててそれを防ぐ。

その時ポロポロと落ちるセルメダル。

Dr.真木)なるほど・・・ これまでセルメダルを。 やはり君は危険すぎます。

オーズの右わき腹に一撃いれるDr.真木。

直撃し、ウヴァの横に転がるもすぐに体制を立て直す。

その時ウヴァは場を立ち去ろうとする。

Dr.真木は続いて攻撃をいれようと手から紫のエネルギーの弾を射出する。

その攻撃が直撃するその時!

炎が紫のエネルギー弾の道を防ぐ。

その炎が飛んできた方向を見ると そこにはアンクの姿。

アンクはオーズの横へと飛来した。

15


オー)アンク・・・!

Dr.真木)君の属性はコウモリですか。  またオーズにつくとは。

Dr.真木の発言ににやりと笑うアンク。

と、その奥でおびえているウヴァ。

ウヴァ)俺は・・・ 俺は嫌だ!

16


ウヴァはこの場を後にする。

Dr.真木)・・・なんという見苦しさ。

ウヴァの後を追うDr.真木。

ウヴァ)ううううっ!

ウヴァの悲鳴が聞こえる。


場に残ったオーズはアンクの前にでる。

オー)アンク・・・ どうして?

アンクは腕をバッ!と勢いよくオーズに向けて伸ばす。

17


驚くオーズに後藤さん、伊達さん。

アンク)今日分の アイスよこせ。

気の抜けるオーズ。

オー)あっ・・・ お前・・・

笑顔なアンク。

と、その時!オーズに異変が生じる。

オーズドライバーにセットされたメダルが光り、その後オーズ自身も赤やら黄に緑、そして紫と電撃のようなのが走る。

オー)うっ!あっ・・・!ああ!

苦しむオーズは、姿を変えてプトティラにフォームがチェンジしてしまう。

プトティラになるとベルトにセットしていたメダルが飛び出し、その後すぐに粉々に割れてしまう。

18


その様子を見て驚く三人。

尚も苦しむオーズ。 そして彼を紫の煙が包み、やがて変身が解ける。

映司自身は胸元に手を置いて苦しみ、膝をつく。

アンク)力がでかすぎたんだ。 お前 またバカな無茶したらしいな。

映司)ちょっとだけね。

19


膝をつき、前かがみの映司。まだ息は荒いままである。





──夜──

川の手前の道に映司、アンク、比奈ちゃんの姿。

映司はアイスを買いに少し離れた場所に居る。

アンク)俺のメダルの事は映司に言うな。

20


前回Dr.真木によってヒビを入れられたコアメダル。

比奈)どうして?

アンク)俺と映司がうまく戦うためだ。 邪魔したくなかったら黙ってろ。 いいな?

映司)おまたせ~!

アイスを手に走ってくる映司の姿。




映司)なあアンク お前が戻ってくるなんてなんかあった?

21


少し場所を変え、アイスを食べている三人。

映司の問いに一度顔を見合わせるアンクと比奈ちゃん。

アンク)真木は俺を器にするのはやめた。 となれば奴に協力する理由はないし 個の体も必要ない。

映司)じゃあ・・・

アンクの前に出る映司。

比奈)もう少ししたら お兄ちゃんの体返してくれるって。

映司)よかったね 比奈ちゃん! ほんとよかったよ! それだけが気になってたんだ。

今度は比奈ちゃんの前に立って話す映司。

比奈)≪それだけ って・・・≫

映司は次にアンクの方に近づく。

映司)もうこれ以上 お前と戦わなくていいってことか。

アンク)フン! 決着がつけられなくて 残念だったな。

映司)これ以上の決着はないだろ。

そして映司は腕を組み、景色を見る。

しかし映司の眼に映るのは雑な視界。はっきりと見える事が少なくなっている。

22


眼が紫になっており、一度眼を伏せ、もう一度開くといつもの眼に。

そして笑顔の映司。

映司)ほんと これ以上はないよ。

比奈)≪なんで・・・ なんだか映司君が遠くにいっちゃうみたい。 お兄ちゃん 私どうしたらいい? 映司君のことも アンクのことも お兄ちゃんのことも 出来ることが見つからない。 何も言えない。 私には もう・・・ ただ・・・≫

背を向けている状態の映司とアンクの間に来る比奈ちゃん。

そしてアンクの手。映司の手を掴む。

比奈)≪ただ・・・≫

三人は無言のまま手をつないでいる。

23




鴻上ファウンデーションに黄色のスーツを着た鴻上会長の姿。

鴻上)欲望あるかぎり 何かが変わり 生まれる。 今日という日を明日にすることさえ 欲望だ。

ワインを片手に立つ会長の姿。

24


鴻上)ハッピーバースデイ!


そして夜が明ける──


──クスクシエ──

千代子)しょっと! さあ今日も元気に・・・

千代子さんは何かを発見し、手に持っているポリバケツを床に置く。

千代子)これって・・・真木さん?

テーブルの上に置いてある人形。 それはDr.真木のような容姿だった。

25




場所は変わり、使われていないバイクが置いてある場所にウヴァが一人。

ウヴァ)うぅあ・・・!うっ・・・ ああ・・・ や、やめてくれ・・・ 誰か 助けてくれ・・・

苦しむウヴァ。しかし誰も助けてはくれない。

26


ウヴァ)うぅわぁーーーッ!

ウヴァが叫ぶと、体が腐ったような感じになって、なくなり、中に入っていたコアメダルが一斉に飛び出し、ウヴァであろう緑の球が出現した。

27


緑の球と各コアメダルは合体し、メダルの器となってしまったウヴァ。

物を言わぬようになったウヴァは周囲のバイクをセルメダルへと変換し、取り込んでいく。

そして空高く上空に飛ぶと、ビルや建物をセルメダルにし、それも取り込んでいく。

その最中に、ウヴァからは屑ヤミーがたくさん地面に降り注いでいく。

28
29


まさしく暴走しているだろう。

たくさん地面に投下された屑ヤミーがいる場所にDr.真木がグリードの姿で立っている。

Dr.真木は空に飛び上がって、メダルの器にされたウヴァに近づいていく。

Dr.真木)良き終末を。

町を走る車は宙に浮かび、セルメダルとなって吸い込まれていく。

そしてエスカレーターに乗って上へと上がっていく屑ヤミー達。

何あれ?とメダルの器を指さして疑問に思う人々達。

と、その人々の後ろから勢いよく現れる屑ヤミー達。

人々の悲鳴が立ち上がる。

次から次へと人を襲っていく屑ヤミー達。

30


悲鳴は絶えず続いている。


その頃、映司達は走って現場に向かっている。

そしてメダルの器が見える場所まで来て立ち止る。

映司)あれがメダルの器の暴走・・・

31


アンク)笑うしかないな。 しかもオマケつきだ。

町を見るとアンクの言う"おまけ"が町の人々を襲っている。

比奈)これ・・・ どうやって戦うの?・・・

映司)方法は一つ とにかく倒す! 行こう アンク。

アンク)ああ。

ベルトを手に持ち、装着しながら走る映司。



CM



映司はプトティラに変身し、町にあふれた屑ヤミーを攻撃していっている。

アンクは全身をグリードの姿に変え、屑ヤミーの相手をしている。

しかし、二人の周りには大量の屑ヤミーが存在している。

32


その様子を空から見ているDr.真木。



──鴻上ファウンデーション──

『ハッピバースデイテューユー♪』

音楽を流し、ケーキにクリームを塗っている鴻上会長。

部屋の壁にヒビが入ったり、窓ガラスが割れてもその手は止まらない。

33


この状況で音楽に合わせて歌いだしたり、笑顔を見せたりと実に楽しそうな鴻上会長。


屑ヤミーとの戦闘を続けているオーズとアンク。

オーズ)こんな奴等より 早くあれをなんとかしなきゃ!

アンク)屑が邪魔っすぎるんだよ!

いっぱいいる屑ヤミーを相手していると、アンク周囲のヤミーがエネルギー弾にあたって次々と倒れて行く。

そのエネルギー弾が飛んでくる方向を見てみると、

二人のバースの姿。

後藤バースがバスターを構えて撃っている。

その横から伊達バースの姿。

)よう! アンコ! 遅れて悪い。

バース)ここは俺たちに任せろ!

オーズ)ありがとうございます! アンク!

二人走りだし、Wバースとすれ違って行く。

バース)絶対戻れよ。

オーズ)はい!

34


すれ違った後、オーズとアンクは羽を展開し、空へと飛び上がる。

35


空へと飛び上がった二人を見上げる比奈ちゃん。

比奈)≪映司君・・・ アンク!≫

上空で戦闘を開始するオーズ、アンクVSDr.真木。

紫のオーラ、炎のオーラが空で暴れる。

アンクがDr.真木の背中に攻撃を入れ、その後アンクの方を向いたDr.真木の背中にオーズが一撃を入れる!

そうすると、落下していくDr.真木。共に落下していく二人。

地面に降り、一番最初に立ちああったのはDr.真木。

Dr.真木)この終末の素晴らしさを見て まだ邪魔するんですか。

36



一方、Wバースの方は、大量の屑ヤミーを相手している。

その時、エスカレーターで上に上がっていく人の姿。

戦闘中のバースの周りにいる屑ヤミーにエネルギー弾が飛んでくる。

そして後藤バースは後ろにあるエスカレーターの方に向きを変える。

37


そこには里中さんの姿。

里中)お疲れ様です。

)里中ちゃん! こんな状況でよく来たな。

屑ヤミーの首を締めながら里中さんに声をかける伊達さん。

里中)ビジネスですから。

そう言うと後藤バースに群がる屑ヤミーを撃っていく里中さん。

バース)さすが俺の上司だ!

三人で屑ヤミーを対処することに。


一方オーズの方では、アンクと共にDr.真木を攻め、押している。

腹部への攻撃が多くみられる。

しかしDr.真木は少しのすきをついて、アンクへ攻撃を仕掛ける。

直撃したアンクはグリードの姿から人間の姿へと変わる。

オーズ)うおーーーッ!

Dr.真木の後ろにいるオーズはメダガブリューを手にDr.真木との距離を詰める。

Dr.真木は振り向き、メダガブリューのエナジーエンハンサーの部分を手で受け止める。

38


動きを止められたオーズ。

Dr.真木)メダル いただきます。

Dr.真木は空いている手を勢いよくオーズの腹部に入れる。

その瞬間オーズから何枚かセルメダルが落ちて行く。

しかし、オーズは突っ込まれた腕を掴む。

39


その次に、自分とDr.真木の足に氷を張って動けないようにする。

Dr.真木)何を?

オーズ)今俺の中には あなたを絶対に倒せるだけの力がある!

オーズの体内から大量のセルメダルが外へと放出される。

空一面をセルメダルが覆い尽くす。

40


ゆっくり立ち上がりながらその様子を見て驚くアンク。

オーズはメダガブリューを空に上げるとエナジーエンハンサーの部分に大量に注ぎ込まれるセルメダル。

オーズ)うーーッ!

アンク)映司・・・ お前 これのためにセルメダルを・・・

オーズはまだメダガブリューでセルメダルを取りこんでいる。

41


Dr.真木)バカな・・・ 君もただでは・・・

そして上空のセルメダルを全部ガブリューに注ぎきる。

オーズ)ハーーーーッ! セイヤーーッ!

メダガブリューを振りかざすと紫の衝撃波が広範囲に広がって行く。

42


オーズ自身は一度振りかぶっただけなのに、衝撃波は数回輪を描いて回った。

Dr.真木)うわーーッ!

そして起こる大きな爆発。

43


その爆発が収まってくると、その中心であるDr,真木の場所の周りに、

緑の電磁波のようなものが張ってあるのに気づく。

その光は爆発で生じた炎を払いのけた。

その光は空から降ってきており、Dr.真木を包んでいる。

44


光の出所はメダルの器であるウヴァから出ている。

大きな力を使ったオーズは地面に倒れ、変身が解かれる。

そしてDr.真木の方を見ると驚愕。

Dr.真木には傷がない状態でいる。

Dr.真木)残念でした。 いい作戦でしたが。 しかし あれだけの力を使えば君はもう・・・

映司に近寄ってくるDr.真木。

映司はゆっくり立ち上がり、

眼を紫にし、体から紫のオーラを出しまくる映司。

映司)うおーーッ!

45


その時Dr.真木の後方にいるアンクは手を前に出して炎を発射する。

Dr.真木はそれを避け、映司もそれを避けた。

アンク)映司! よせ これ使え!

アンクの手には赤のコアメダルが二枚。

46


それを投げた後、自身のコアメダルを映司に向けて出す。

メダルはしっかり映司がキャッチする。

その瞬間。アンクだった腕が複数のセルメダルへと姿を変える。

映司は変身しようとして、メダルを手前に構える。

が、映司はタカのコアメダルを見て驚く。

その後、アンクの方を見てみるとアンクではなく信吾さんの状態で倒れていく姿。

映司)アンク・・・どうして・・・

紫のメダルのせいで視界が雑になっているが、映司はタカのコアメダルを見る。

表、裏にひっくり返してみるとメダルにヒビ。

47
48


映司はそのタカコアを見ながら、

映司)わかってる お前がやれっていうなら お前がホントにやりたいことなんだよな。 アンク・・・ 行くよ。

49


((この映司の視界の話ですけど、自分はヒビ見えてたと思っています。メダルをセットする前の映司の感じや、あのグリードの視点でもいつもとは違うメダルの感じが見てわかるように、映司もあのヒビには気づいていたと思います。))

最後にタカのメダルをセットする映司。

映司)変身!

アンク)タカ! クジャク! コンドル!

タ~ジャ~ドル~!

50


オーズ)ハーーッ ハッ!

Dr.真木に近づき攻撃をしていくオーズ。

その最中、オーズと共に攻撃をするアンクの姿が見える。

Dr.真木へと再度攻撃を再開した際にも、またアンクが見え、共に攻撃をしかける。

タジャスピナーに力を込め、Dr.真木を攻撃し、後方へと押していく。

51
52


Dr.真木はすぐに上を向き、飛行を開始する。

目指す場所はメダルの器であるウヴァのところへ。

それを見、オーズは体内から紫のメダルを全て出し、

タジャスピナーにセットする。

53


そして上空に飛び上がり、タジャスピナーをスキャンする。

キンキンキンキンキンキンキン

プテラ!トリケラ!ティラノ!プテラ!トリケラ!ティラノ!プテラ! ギガスキャン!

Dr.真木がメダルの器の中に入り、その後を追ってオーズも中に。

前を行くDr.真木はオーズに向けて攻撃を放っていく。

オーズに直撃するかと思われた一撃!

が、しかし。その攻撃はオーズの手前にいるアンクの翼によって止められた。

オーズ)アンク!

アンクは腕に炎を。オーズはタジャスピナーの力を。

54


オーズ)ハーーッ・・・ セイヤーッ!

二人は同時にDr.真木に攻撃を放つ!

Dr.真木は向かってくる攻撃に対し、攻撃で対処しようとするが、その攻撃はかき消され、どんどん進んでくる攻撃。

やがてその攻撃はDr.真木に直撃する。

Dr.真木)うわあーッ!

両手を開き、叫ぶDr.真木。 そのDr.真木の腹部の辺りに生じるブラックホール。

周りのコアメダルを取りこんでいく。

55







一方地上では、屑ヤミーを一ヶ所に集め、Wバースと里中さんで囲み、バースバスターで撃ちまくって仕留めていた。

56


その処理がおわった後、三人は空の異変に気づく。

里中)あれは・・・

ウヴァであるメダルの器は形を小さくしていっている。




──メダルの器内部──

Dr.真木)私の終末… 私が完成してしまう。

腹部のブラックホールはコアメダル、セルメダルをいっぱい吸い込んでいき、あげくの果てにはDr.真木の腕、足がちぎれ、それすらも吸い込んでいく。

57


周りを見渡すアンク。しかしすぐにアンクの姿は消えてしまう。

オーズの方は、タジャスピナーにセットされていた7枚の紫のコアメダルが飛び出し、ブラックホールの方に向かっていく。

紫のメダルはブラックホールの手前で粉々に割れて吸い込まれていく。

そしてついには、オーズドライバーにセットされた三枚の赤のコアメダルの吸い込まれていく。

手を伸ばし掴み取ろうとするオーズ。

オーズ)アンク!!

オーズの手は届かず、タカのコアメダルは二つに割れてしまう。

58


その周りでは爆発が起きており、そして最後にはメダルの器が小さくなっていき、

大きな爆発が生じる。

59


比奈ちゃんはその様子を見て、走り出す。




上空では変身が解除され地面に向かって落ちて行く映司の姿。

気を失って落ちて行く映司の元に一つの腕─アンク─。

映司の口元に一度手当て、パチン!と一度叩くアンク。

アンク)映司 目覚ませ! 死ぬぞ!

映司の胸倉を掴むアンク。映司の方は目を覚ます。

映司)アンク・・・ ああ いいよ もう無理だ お前こそ。

アンク)フン! 俺はいい。 欲しかったもんは手に入った。

映司)それって命だろ? 死んだら・・・

60


アンク)そうだ。 お前達といる間に ただのメダルの塊が死ぬとこまできた。 こんな面白い 満足できることがあるか。 お前を選んだのは俺にとって得だった。 間違いなくな。

アンクはゆっくり映司から離れて行く。

映司)おい・・・どこ行くんだよ!

映司は腕を伸ばしてアンクを手に取ろうとする。

しかし伸ばした腕はアンクには届かない。

アンク)お前がつかむ腕は もう俺じゃないってことだ。

61


焦る映司。 しかし、アンクは一言いうと、姿を消した。

しかし、映司は何かを手に握りしめていた。

その手をゆっくり開いてみると手の中には割れた赤のコアメダル。

62


そのメダルを見て驚く映司。

映司)アンクーー!!





地上では走って映司の方へと向かう比奈ちゃん。

が、比奈ちゃんは何かを目にし、立ち止る。

その比奈ちゃんの視線の先にアンクの姿。

63


アンクは比奈ちゃんの方を見つめ、優しく微笑み、

ゆっくりと消えて行く。

64


そしてそこに落ちてくる割れた赤のコアメダル。

65


比奈ちゃんはその場に急ぎ足で向かい、メダルを手にとる比奈ちゃん。

メダルを握りしめる。

比奈)アンク・・・ ありがとう。

比奈ちゃんは次に映司の方へと視線を向ける。




その映司に対して呼びかける声がその映司の上から聴こえてくる。

バース)火野! 掴まれ 早く!

映司に向けて手を差し出している後藤バース。

66


背中にカッターウィングを展開し、飛んで映司の元まで来ていてくれていた。

映司)後藤さん!

バース)もう なんでも一人でしょいこむのはやめろ! 俺たちがいる。 俺たちの手を掴め!

力強く映司に手を伸ばし続けるバース。

映司は地面の方に目を向ける。

そこには集まってくる人の姿。

伊達さん、里中さん、千代子さん、比奈ちゃん。

彼等は映司に向かって腕を精一杯伸ばし、声を出して映司を導く。

67


比奈)映司君!

千代子)大丈夫だから ドーンときなさい!

伊達)誰にも頼らないってことが 強いってことじゃねえぞ!

里中)火野さん!ここですから!

68


映司は自分に向かって伸びている腕を見て思う。

映司)≪俺が欲しかった力。 どこまでも届く俺の腕。 それって・・・≫

バースと手をつなぐ映司。ゆっくりと降りて行く。

映司)≪こうすれば 手に入ったんだ・・・≫

69
70


地上にゆっくりと降りた映司を迎え入れるみんな。

彼等は笑みを浮かべ映司の周りを囲む。

伊達)ったく心配かけたがって。

バース)欲戻ったな。 火野。

伊達)後藤ちゃんがいなかったらどうなってたことか。

映司は手のひらにある割れたコアメダルを見ている。

映司)≪でも お前の手を掴んだのも 絶対間違いじゃなかった。 絶対・・・≫

メダルを握りしめ、空を見上げる映司。

手前にいる比奈ちゃんもメダルを手に空をみる。

71


映司)アンク・・・

72




EndingTheme 
Anything Goes!


(You count the medals 1,2and3
Life goes on Anything goes Coming up OOO)



映司が各国で撮った写真が次から次へと映っていく。

73


要らない 持たない 夢も見ない

比奈ちゃんは信吾さんの車に乗って服のデザインの学校へと通っている。

74
75


その手前を歩く二人の男女。二人は制服で男の手にはスイッチがある。

76


フリーな状態・・・ それもいいけど

後藤さんは刑事さんへと復帰。銃を構えて突撃している。

77


(こっからはじまる The show we''re waiting forCount the medals 1,2and3)

伊達さんは日本を離れ、海外で医師として、頑張っている。

78


運命は君 放っとかない 結局は 進むしかない

鴻上ファウンデーションではケーキを作る会長に、何か書類を持ってくる里中さんの姿。

79
80


鴻上)ハッピーバースデイ!

(未知なる展開 Give me energy Count the medals 1,2and3)

クスクシエでは、今日もコスプレをした元気いっぱいの千代子さんの姿。

81


そのクスクシエに来店するいろんな人達。

信吾さん、比奈ちゃん、里中さん、後藤さん、伊達さん。

82


信吾さんと伊達さんは頭を下げ合っている。

里中さんはその場にケーキを持ってくる。

大丈夫。明日はいつだって白紙(Blank)

千代子さんは布を一枚広げて、その布をバッ!と取り上げると、そこにはiPadが。

その画面の様子を見、一同は笑顔を作る。

83


自分の価値は 自分で決めるものさ

画面の中に映っているの映司の姿。どこか別の国から映像を流している様子。

84


OOO! OOO! OOO! OOO!  Come on!

映司はみんなと会話をしている。

Anything goes! その心が熱くなるもの

映司)じゃあみんな またね。

みんなに手を振って別れる映司。

満たされるものを探して

映司の手には割れたコアメダルが二枚。

85


Life goes on! 本気出して戦うのなら

映司)いつか もう一度・・・

戦うのなら 負ける気はない

パンツを棒にぶらさげ、笑顔で歩き出す映司。

86


Anything goes!  加速ついて

その映司の後ろを付いてくる腕─アンク─

87


アンクの腕の周りは青い光で包まれている。

止められなくて

一度後ろを振り向く映司。が、そこには何もない。アンクは映司の視界を避けている。

負ける気しないはず

映司が歩き出すとアンクはまた後ろについて映司の後を追っていく。

映司とアンクの旅はこれからも続く──

88
スポンサーサイト
  1. 2011/09/01(木) 21:59:34|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮面ライダーフォーゼ 1話 青・春・変・身 | ホーム | 48話 S.H.F 龍騎 ウヴァ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/598-be5c397f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。