あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダーフォーゼ 1話 青・春・変・身

時間が空いたので、書きます。

サヤです。

【9/29(木)発送開始】
S.H.Figuarts カザリ

29日発送ということで、うちには30日に来る感じです。

では、本編を。




仮面ライダー生誕40周年記念作品
1







そこにある基地では爆発が起きている。

そこから離れるように移動する宇宙服を着た二人。

2



手前にいる人の腕の中にはケースが。

と、突然 ケースを持っている人の後ろにいる人がその人に飛びかかる。

ケースを掴み奪い取ろうとする。

持っている人は必死に抵抗している。

そして、ケースから片方の手が外れると、ケースを使って攻撃され、基地の方へと飛ばされてしまう。

背中を基地に打ち、地面に伏せる。

その向かい側に立っている宇宙服の人の目は赤く光る。

1 (3)


その後、その目が赤く光った人は後ろに向き変え、シャトルに向かう。

背中を打った人が立ち上がると同時ぐらいで、シャトルが月から飛び立つ。

取り残された人は手に何かが入ったビンのようなものを持っている。

4


男)賢吾・・・

上に向かってつぶやく。

そして、月にある基地は爆発は止まず、範囲を増していった──

6





それから17年後──


地球、日本。

朝の時間に、制服を着込んだ高校生が学校へと向かっている。

女性1)おはよー

女性2)おはよー

いつもの平日の朝といった感じ。

その学校へ向かう人達の中に、

 カチ カチ カチ カチ

スイッチを押しながら歩く男がいる。

7


女性3)賢吾先輩! これ 読んでください。

「歌星 賢吾 様」

と、書かれたレターを橋の上で賢吾と呼ばれた男に付きだす。

8


賢吾は歩き、レターを手に取る。

賢吾)時間の無駄だ。

9


女性の顔を見て言いながら、目の前で手紙を投げ、川に着水する。

悲しそうな顔をする女性。

手紙は流れて行く。と、そんなところへ。

???)おい!

賢吾、女性は声のする方へと向く。

???)捨てる奴があるか!

その男は走って賢吾の元へとて、胸倉を掴む。

???)人から貰った手紙はちゃんと読め! 相手の思いはきちんと受け止めろ! 断るんなら読んでから断れ! それが礼儀ってもんだ!

その男は髪はリーゼント、短ラン、手に持っているカバンには友情の文字。

10111213


今ではなかなか見ない人といった感じの男が現れた。

???)持ってろ。

その男は女性に持っていたカバンを渡す。

そして、賢吾をどけて、何の迷いもなく、橋から飛び降り、川へと落ちる。

???)おりゃ~!

14


そして着地。

???)うっ・・・イッテェー!

その後すぐに手紙の元へと走っていく。

その様子を橋の上で見ている賢吾。

賢吾)バカの極みだな。

そう言って、学校へと向かっていく。

その時も、手に持っているスイッチを押しているのだった──



──宇宙 無限のコズミックエナジーを秘めた神秘の世界 若者たちは アストロスイッチで その扉を開き 未来を創る Space on your hand その手で宇宙を掴め!──

15


Opening Theme



第1話 青・春・変・身

16


天ノ川学園高校 2-B

チャイムが鳴っている中、教室内にいる生徒達は思い思いに喋っている。

本を読んでいる人、外を眺める人など。

その外を眺めている人は先ほど、手紙を投げ捨てた賢吾。

賢吾は一度教室内を見渡し、窓の前にある幕をあげる。

そうすると、空いている窓から姿を現す物体─バガミール─

17


バガミールが教室内に入ると、賢吾は幕を下ろして、今までと同じ状態に戻し、席に座る。

そして本を机に立てて持ち、その本の前に、バガミールが飛び乗ってくる。

バガミールは、机に映像を映し出し、賢吾に見せている。

1820



その時、前に座っている女性が賢吾に声をかける。彼女の名前は城島ユウキ。

ユウキ)どう?

賢吾)ザ・ホールも活性化している いよいよフォーゼの力を使う時が来るのか・・・

ユウキ)フォーゼ!? それはダメだよ!

力を使おうとしている賢吾を止めさせようとするユウキ。

と、そんなところで、教室の扉が開く。

2-Bの担任の園田先生が入ってきた。

園田)おはよう。

生徒)おはよー。

賢吾はその様子を見て、バガミールを停止させる。

園田)夏休み楽しかった?

生徒)楽しかったです!

21


停止したバガミールをカバンにしまいこむ。

園田)はい 今日は この2年B組に新しいクラスメートが増えます。

おー。

と、みんな興味津津の様子。

その新しいクラスメートが入ってくるが、全身が水浸しの様子。

そして、短ラン。

その生徒が、チョークを手に取り、黒板に名前を大きく書いていく。

クラス内はどよめき。

笑って転校生を見る者、嫌そうな顔してみる者いろいろ。


         如月 弦太郎


22


黒板にそう書き、チョークを置いて生徒のほうへと振りかえる。

弦太郎)如月 弦太郎だ。 俺の夢は この学校の連中全員と友達になることだ。 よろしくな!

23


自分の席へと歩き出す弦太郎。

席に行きつくまでにいろんな生徒に声をかける。

弦太郎)よっ! よろしくな! よろしく!みんな。

その弦太郎の姿を見て何か考えるユウキ。

先生は一つため息する。

そして自分の席に辿りつく弦太郎。

しかし、弦太郎は横の席にいるユウキと目が合い、立ち止る。

弦太郎)・・・ユウキ!?

ユウキ)弦ちゃん!

ユウキは笑顔で立ち上がる。

そして弦太郎と手をガッチンガッチンする。

弦太郎)久しぶりだな。小学校以来か。

ユウキ)そうだね。 小学校3年以来。

賢吾はその状況を見、難しい顔をしながら窓のほうを見る。

弦太郎はユウキの机の上にある本を手に取る。

弦太郎)おっ! 相変わらず夢は宇宙飛行士か。

『宇宙においでよ!』と書かれた本。

ユウキ)うん!弦ちゃんは 友達100人できた?

弦太郎)今じゃ1000人だ。

ユウキ)ウソー!

クラスの中で会話しているのは二人だけなので、みんなこちらに視線を向け、先生は困っている。

園田)そろそろいいかな。 如月君も席について。

弦太郎)ああ・・・ ちょっと待って。

ユウキの本を机に戻し、制服から手紙を取り出し、賢吾の机の上に叩きつける。

弦太郎)歌星賢吾様 お前当てだよな。

24


賢吾)わざわざ持ってきたのか。 おせっかいだな。

弦太郎)ああ おせっかいだ 友達だからな。

賢吾)君と友人になった覚えはないが。

弦太郎)今からなるんだ。 お前はきにくわねえ。 女の手紙を捨てるなんて許せねえ  ・・・だからダチになる。

賢吾)非理論的な発言だ。

弦太郎)いいや! 筋は通ってる。 お前のような気に入らねえ奴とダチになれなきゃ とてもこの学校の連中全員とは友達になれないからな!

教室内の生徒を見渡す弦太郎。

その後ろにいる賢吾は、席から立ち上がる。

賢吾)俺と君が友達になる確率は・・・ゼロだ。

そして、弦太郎の横を通り、教室から出て行こうとする。

弦太郎)おい!ちょっと待て!

先生もそこは黙って居れず、

園田)歌星君!また勝手に・・・

賢吾)すいません。 保健室です。

その後チラッとユウキの方に目をやる賢吾。

ユウキはおっけーと合図を送る。

その様子を見て、賢吾は教室を後にする。

賢吾がいなくなると、弦太郎は自分の席に戻る。

弦太郎)だったら なってやろうじゃんか。 意地でもな。




──職員室──


園田先生は自分の机に勉強の道具を置き、ため息。

園田)本当に・・・ 勝手な生徒ばっかり。

その園田先生の反対側に座る先生が声をかけてくる男の先生。─大杉先生─

大杉)まあ それが校風ですからね うちの。

大杉先生は手にノートパソコンを持って、園田先生の方へと歩いてくる。

大杉)それより園田先生 これ見ました?この掲示板。

パソコンの画面にはWARNING!

園田)『天ノ川学園は悪魔の巣だ。ぶっつぶしてやる。』?

25


大杉)まったくふざけてる!

園田)最近 妙なことが増えてませんか? この学校。

26


大杉)うーん・・・ いやご心配なく。園田先生のことはですね この大杉忠太が 身をもってお守りしますから。

どこか知らない方を見て、セリフを言う大杉先生。

セリフを言い終えると、園田先生の肩に手を置く。・・・はずだったが、

そこにいた園田先生は別の場所にいており、大杉先生は地面にタッチ!

残念な結果になってしまった──


そんな時、天ノ川学園の屋上らしき場所に、変わった姿をした者たちが現れている。

彼らたちは一体・・・

27




──保健室──



弦太郎)歌星いるかー?

保健室に入ってきた弦太郎は手前のベッドの周りにあるカーテンをどける。

弦太郎)いねぇか・・・



次に弦太郎が訪れたのは食堂。

28


そこでは、いろんな人たちが集まって、食事を取ったりしている。

弦太郎)ここにもいねえか。

そう言って、歩き出す弦太郎。

弦太郎)よっ!よっ!よっ!

弦太郎はとりあえず、近くに居る人にあいさつしていっている。

弦太郎)おお~ 鍛えてるね。 続き頑張って!

体を鍛えている人達にもあいさつ。

さらにあいさつは続いていき、弦太郎は席に腰を下ろす。

その瞬間。 弦太郎に視線を向けてたものはガタッ!と後ろに体を引く。

29


男)座っちまったぞ・・・

何やら異様な空気。

弦太郎)なんだよ! 俺の顔になんかついてるか?

一人不審に思っている弦太郎の元に一人男が来る。

彼はJK(ジェイク)でチャラ男で日本人。

JK)おい どこ座ってんだよ 転校生。

30


何やら楽しそうなJK。飲み物片手に弦太郎と近めでおしゃべり。

弦太郎)なんだと?

弦太郎はJKを少し突き飛ばす。

そのままJKはヘラヘラにながら、女子が集まってる場所に。

JK)なんなのあつい マジうけるんだけど。 とりあえず、

JK 女子)チュース!

そっちはそっちで楽しくやっている様子。

と、その後食堂にやってきたのはユウキ。

弦太郎を見て驚き、寄ってくる。

ユウキ)弦ちゃん!弦ちゃん!

弦太郎)おう!

ユウキ)やばいよ! 早くそこどいて!

31


弦太郎)なんで?

ユウキ)あのね グループによって座る席が決まってるの。

ユウキはまず一つの方向に指を向ける。

ユウキ)ほら見て。あっちは不良。

32


不良は怒りを机にぶつけたり、ユウキの方を睨んでたりする。

ユウキ)あっちはガリ勉。 あっちは遊び人。 あっちはオタク。 あれは筋肉。

33343536


弦太郎)バカじゃねえの お前。 そんなの聞いた事ねえよ。

ユウキ)でも それがこの学校のルールだから。

JK)そうそう。 それにギークもそんなところにいたらまずいっしょ。

37


弦太郎)ギーク?

ユウキ)オタクって意味。 ああ 私のことね。 ね ほら行こ! 早くどかないと大変なことになるから。

椅子に座っている弦太郎の腕を引っ張ってどかそうとするユウキ。

だが、そんな時。 食堂に来訪する者が・・・

みんなはそちらに目を向け、驚きの顔、楽しそうな顔をしている。

そして現れたのは3人組の女性。

チアの格好をしている。

弦太郎)すっげえ美人だ・・・ この学校も 捨てたもんじゃねえな。

ユウキ)風城先輩はこの学校のクイーンだから。 ね ほら、行こ行こ行こ。

再度弦太郎の腕を引っ張るユウキだが、その場に到着するチア3人。

風城)トラッシュとギークがなんでその席にいるのかしら?

38


ユウキ)ごめんなさい!

頭を下げて謝るユウキ。

弦太郎)・・・トラッシュ?

風城)そう。 トラッシュの中のトラッシュ。

弦太郎は、上着をバッ!とし、きりっとした感じになる。

弦太郎)それは 男の中の男。 そういうことかな?

呆れるユウキ。チア3人は顔を見合わせて笑う。

風城)OopS!

と、そんな時。弦太郎の肩を掴む物が。

弦太郎がそちらに目を向けた直後、投げ飛ばされる弦太郎。

弦太郎)うわっ!

飛んだ弦太郎は、机に椅子に当たって地面に伏せる。

ユウキ)弦ちゃん!大丈夫?

弦太郎に駆け寄るユウキ。

投げ飛ばしてきた相手の方を見る弦太郎。

風城)ありがとう。隼。 でも少しほこりがたったわ。

風城は隼と呼ばれた男(大文字 隼)の腕にひっつき、頭を肩に寄せている。

39


隼)これは失礼したね。 気をつけよう。

隼は後ろにいっぱい人をつけ、同じ上着を着ている。

胸元には A

弦太郎は体制を立て直し、喧嘩上等って感じのポーズに。

弦太郎)何しやがんだ この野郎!

40


隼)騒ぐな。 ゴミをゴミ箱に入れただけだ。

立ち上がる弦太郎と、ユウキ。

弦太郎)ゴミだと? 冗談じゃねえ! 俺様はトラッシュだ!

ユウキ)バカ! ゴミって意味よ。 トラッシュはゴミ!

弦太郎)えっ?

驚く弦太郎。その後、風城の方に視線を向ける。

風城は笑みを浮かべて、弦太郎を見ている。

弦太郎)バカにしやがって! 俺はゴミじゃねえ! 如月弦太郎だ!

隼)黙れ。トラッシュの名前など聞く気はない。

指パッチン。

隼)やれ。

同じ上着の人達がぞろぞろと弦太郎のほうへと近づいてくる。

弦太郎はユウキを軽く突き放す。

弦太郎)力づくは嫌いじゃねえよ。

41


まずは隼側の人間が殴りにかかる。

弦太郎はそれを受け止め、逆に殴り返す。

二人目の攻撃は綺麗に避け、腹に一殴り。

3人目は腹に蹴りをかます。

そして、次の攻撃を避け、攻撃しかえし、地面にたたきつける。

JK)やる~

近くで見ているJKは笑みを浮かべてみている。

そして弦太郎は次の相手に攻撃していると、

ユウキ)きゃっ!

弦太郎)えっ?

弦太郎は声の聴こえた方に目を向けると、

男に抱きかかえられたユウキの姿が。

ユウキ)放して!放して!

弦太郎)ユウキ・・・ てめえ!

42


隼)お前がおとなしくするのなら 彼女をどうこうするつもりはない。

笑みを浮かべるチア集団。

弦太郎)卑怯な野郎だな!

JKは弦太郎を見て、笑みを浮かべている。

と、そんな時に隼側にいる一人が出てくる。

三浦)大文字さんになんて口を聞くんだ!

弦太郎)大文字?

隼)アメフト部 部長の大文字隼だ。 来い。 ここではレディーの食事の邪魔になる。

43


場所を変えて続きをする様子──



人気のない場所につれてこされた弦太郎。

隼)うおーーッ!

身動きとれないように体を押さえられている弦太郎の元に、タックルしてくる隼。

弦太郎)うわーッ!

吹っ飛ばされる弦太郎。

部員)立て!

すぐに弦太郎を立たせて、3人で動きを封じる。

弦太郎)どうした そんなもんか?

隼)何?

ユウキ)弦ちゃん!

弦太郎)気にすんな ユウキ。 友達だからな。

44


隼)だったら徹底的にやらせてもらう。 三浦 そこらを見張ってろ。

三浦)はい!

一人この場から離れる三浦。

そして隼はアメフトのsetのポーズを取り、

隼)うおー!

弦太郎にタックルをかます。

弦太郎)うわあーっ!

背中を木に強打する弦太郎。

しかし、すぐにアメフト部の人が立たせて、隼の前に。

と、そんな時ふと弦太郎が違う方向に目を向ける。

そこには黒い霧がかかっている。

そして、その霧の中に光る点。

弦太郎)星?

みんなその方向に目を向ける。

45


それはこちらに近寄ってくると霧が消え、姿を現す。

─オリオン・ゾディアーツ─

驚く一同。

隼)何!?

弦太郎)バケモン?・・・

近寄ってくるオリオン・ゾディアーツ。

46


隼)行くぞ!

隼がまず後ろに走り出し、それに続いて部員たちも逃げて行く。

ユウキと弦太郎だけが残され、ゾディアーツはユウキの方に。

弦太郎)ユウキ!

オリオン・ゾディアーツはユウキの前に来ると自身の○のような装飾を光らせ、力を溜める。

そして爆発!

しかし、間一髪で弦太郎がユウキを抱いて、攻撃からそれる。

倒れこむ二人。

弦太郎)あれもアメフト部? なわけねえよな。

ユウキ)あれは・・・

弦太郎)ま いいや。 よくわかんねえが 下がってろ。 すぐに追い払ってやらあ!

近くにあった鉄パイプを手に取り、

弦太郎)先手必勝だこの野郎!

走り寄って、叩く!

が、何も影響なし。逆に、

弦太郎)ッテェー!

相手の硬さに逆に腕がジンジンする様子。再度もう一発攻撃!

そして、もっかい!と、行こうとしたところ、オリオン・ゾディアーツは鉄パイプを掴み、止める。

弦太郎から鉄パイプを取ると、それを簡単に曲げてしまう。

弦太郎)ええーっ!

47


そしてオリオン・ゾディアーツは弦太郎に一つパンチをいれる。

弦太郎は当たる直前に腕を×にしてガードするが、かなり後方に飛ばされてしまう。

弦太郎)うわーーッ!

ユウキ)弦ちゃん!

弦太郎に視線を向けてたユウキだが、オリオン・ゾディアーツの方を見ると、先ほどと同じように体を光らし、攻撃しようとしている。

そして攻撃が放たれる!

しかし、今度も攻撃は当たらなかった。

今度は機械がユウキの前を塞いだ。

48


ユウキ)≪えっ?・・・≫

視線をどこかに向けていたユウキはその機械に目をやる。

パワーダイザー

そこにはロボットのようなものが。

49


賢吾)大丈夫か?ユウキ。

その中には賢吾の姿。

ユウキ)うん。 見て 体にオリオン座 ゾディアーツ。

賢吾)みたいだな。下がってろ。

50


賢吾はパワーダイザーを操作し、オリオン・ゾディアーツと距離を詰めて、攻撃していく。

一方的にパワーダイザーが攻めて行く。

最後に殴ってふっ飛ばし距離が広がる。

操縦している賢吾は汗を大量にかき、しんどそうにしている。

ユウキ)賢吾君?・・・

オリオン・ゾディアーツは体を起こすと、背を向けて逃げ出す。

その後、パワーダイザーの体が開き、賢吾が姿を現す。



その後、パワーダイザーを倉庫に収納し、大きな扉を閉める賢吾とユウキ。

51


扉を閉めた後、賢吾は扉に背中を預ける。

ユウキ)賢吾君?・・・

賢吾)まだ倒していない・・・ パワーダイザーじゃ一時しのぎだ。


そして二人は別の場所へと向かって歩き出す。

ふらふらになりながら廊下を歩いていく賢吾。

いきついたのは入室禁止の扉の前。

そこのカギを開けて入室。

部屋の中は物置部屋のようになっており、

賢吾が部屋の中にある掃除道具箱の扉を開けると、中から光があふれてくる。

二人は中へ。

52


その先はウルトラマンでよくみるような基地の場所。

ふわ~っと体を浮かせて、部屋の中を移動。

扉を開けて奥へと進んでいく。

賢吾はそこでパソコンのキーを打っていく。

画面には OSTO ASTRO SCANNER SYSTEM ver2.0 と。

53


ユウキ)待って!フォーゼはダメよ!

賢吾)ゾディアーツを倒すにはこれしかない。

賢吾は移動し、1 2 3 4と書かれた場所に入っているスイッチを抜き取っていく。

ユウキ)でも・・・ 賢吾君の体力がもたない。

機械にスイッチを入れて行く賢吾。

   Locket  Launcher

ユウキ)ダイザーの操縦でさえへとへとだったじゃない!

   Drill    Radar

賢吾)俺がやるしかないんだ。

ユウキ)待って!

賢吾の肩に手を置くユウキ。

賢吾)どいてくれ。 時間の無駄だ・・・

54


歩き出そうとする賢吾。と、その時。

弦太郎)うわぁ~~っ!

いつの間にか部屋に入ってきている弦太郎の姿。ふわふわ宙を浮いている。

ユウキ)弦ちゃん?

弦太郎)なんだここ? 妙にふわふわするな。

賢吾は呆れたような顔をして、身を乗り出し移動。

55


Cravity Control と書かれたスイッチに手を当てて、動かす賢吾。

重力コントロール

スイッチを動かした瞬間、宙に浮いてた弦太郎の体が地面に着地する。

弦太郎)え?・・・ なんか秘密基地みたいでかっこいいな。

賢吾)後をつけたのか?

弦太郎)まさかあのゴリラを操縦していたとはな。

賢吾)そこまで見たのか。

そして弦太郎は笑顔を作り、賢吾の元へ。

弦太郎)よこせ!

賢吾が手に持っている、先ほどスイッチを入れた機械を奪い取る弦太郎。

56


賢吾)貴様・・・!

取り返そうと身を乗り出すが、ひょいと避けられる。

弦太郎)話は聞いた。 これならあの化け物が倒せんだろ?




同じ時間帯、2-Bで授業している園田先生。

賢吾、弦太郎、ユウキの席だけが空いている。

57


園田)またいないし・・・

と、そんな時に、大きな音と、悲鳴が聞こえてくる。

学園にあるそとの廊下で逃げ待とう生徒達。

みんなが走ってくる後ろに居るのはオリオン・ゾディアーツの姿。

58






賢吾)返せ。 それは俺の・・・!

機械を取られた賢吾は弦太郎の方に近寄ろうとするが、賢吾の体に何かが起きて、ふらふらとなり、椅子に座る。

ユウキ)賢吾君!

弦太郎)ほら見ろ。今のお前じゃ無理だ。

賢吾)だが君にも無理だ。

弦太郎)やってみなくちゃわかんねえだろ。

賢吾)ふざけるな・・・

弦太郎)ここは俺に任せろ。

部屋を後にする弦太郎。

賢吾)おい待て!

そしてまた賢吾の体に何かが起き、地面に伏せる。

59


その後ろにいたユウキは走り出し、弦太郎の後を追う。

賢吾)・・・なんで俺はこんな体に生まれた!

悔しそうに床を叩く賢吾の姿。




大杉)廊下を走るんじゃないよ!

生徒たちが廊下を走っているところに注意する大杉先生。

と、そこへ。

園田)どうしました!?

大杉)あっ 園田先生 いやちょっとね・・・

オリオン・ゾディアーツ)ウァーッ!

廊下の先から聴こえる声。

そちらに目を向ける先生 そこにはゾディアーツ。

大杉)うう・・・あああ!

園田先生を置いて生徒に続いて大杉先生が逃げて行く。

それに続いて園田先生も。

園田)キャーッ!



弦太郎は階段を上がって悲鳴の聞こえる場所へと向かう。

そこでは攻撃されている生徒が。

現場に到着した弦太郎。

オリオン・ゾディアーツは弦太郎の方を見て、近くにいる生徒には何もしない。

弦太郎は向かってくるオリオン・ゾディアーツに対して先ほど奪った機械を突き付ける。

弦太郎)よーし!

が、

弦太郎)あれっ?・・・ やっべえ! 使い方聞くの忘れた!

と、そこに到着するユウキ。走って弦太郎の元へ。

弦太郎)なんだよこれ!

上下に機械を振る弦太郎。

ユウキ)はいはいはいはい! 腰に巻きつけて!

弦太郎)ええ?

ユウキ)こう!

弦太郎の手から機械を取ると、弦太郎の腰に機械を当てる。

そうすると、腰に装着され、ベルトに。

60


弦太郎)おお!

ユウキ)そしたらスイッチ入れて!

弦太郎)スイッチ?

ユウキ)そう!それがあなたに宇宙のパワーをくれる。 変身よ!弦ちゃん!

笑顔でポーズを作って弦太郎に言うユウキ。

61


弦太郎)宇宙のパワー?・・・

ユウキ)そう!

その後すぐユウキはベルトについている4つの赤のスイッチを押していく。

62


押し終えると、ユウキは一目散で弦太郎から離れて行く。

弦太郎)おい! なんで逃げんだよ!

壁に隠れるユウキ。

Three Two One

ベルトから音声が流れる。

ユウキ)いいから早く! 変身って言ってレバーを入れて!こう!

ユウキが姿を現し、一通りのポーズを弦太郎に見せる。

弦太郎)ええ!?

ユウキ)いいから早く!

弦太郎は歩み寄ってくるオリオン・ゾディアーツの方に向きかえる。

弦太郎)変身!  ・・・って言ってレバーを入れて こう!

63


ユウキの指示通り同じポーズを取る弦太郎。

その瞬間、弦太郎の周りに大量の煙が発生する。

ユウキは再度物陰に隠れながら顔だけ出して様子を見ている。

ベルトから煙がエックスの形で噴出しており、弦太郎は光に包まれている。

光、煙が消える時には弦太郎の姿が変わっている。

64


フォーゼ)うお! なんだかわかんねえけど 宇宙キターーー!

両手を上にあげて叫ぶ弦太郎。

65


ユウキ)そう! それがフォーゼよ!

フォーゼ)あっ?

変身後の姿は仮面ライダーフォーゼ。

ユウキ)早く怪物を。

フォーゼ)これがフォーゼか。 わかった! タイマン張らせてもらうぜ!

66


フォーゼと共にオリオン・ゾディアーツが走り出す。

まずフォーゼが一発オリオンにいれようとするが、ガードされる。

相手の硬さにひるむフォーゼ、だがもう一発同じ場所へ。

今度はガードしてなかったため素直に入る。

フォーゼ)っしゃ!

腕をあげて勝利のポーズのような感じのフォーゼ。

だが、すぐにオリオン・ゾディアーツによりビンタされる。

攻撃が直撃し、壁を破壊して教室へ入るフォーゼ。

そこに歩いてくるオリオン・ゾディアーツ。

部屋に入ろうとした時に、煙がぶわーっ!と部屋から出てき、共にフォーゼも出てくる。

そこからフォーゼの反撃。

壁に放り投げ、腹を一発殴り、別の壁のところへ放り投げる。

オリオン・ゾディアーツが当たった壁はへこみ、ポロポロ落ちて行く。

そしてもう一度投げられるゾディアーツ。

学校内の物を壊していく。

フォーゼ)ほら! 立て!

フォーゼはオリオン・ゾディアーツを立たせ、一回頭を叩く。

そのままもつれ合い、別の場所へ。

ユウキはその様子を笑顔で見て、後を追う。



そこは運動部の部室。

着替えている男子のところにフォーゼとオリオン・ゾディアーツが入ってき、そこで戦闘。

男子)うわあー!

ユウキ)キャッ!

上半身裸の男子、パンツ一丁の男子などが、ユウキの横を通って逃げて行く。

男子)こいつら何なの!?

ユウキ)校舎の外に出して! 右上のロケットスイッチ!

壁に隠れながら、フォーゼに呼びかけるユウキ。

フォーゼ)え? これか?

ベルトの端にあるオレンジ色のスイッチを押す。

カチッ。

ロケット・オン

何が起こるか分かっていないフォーゼの右腕にロケットが装着される。

67


そしてすぐにロケットは火を吹いてフォーゼを振り回す。

フォーゼ)うわっ! ロケット!?

くるくるまわるフォーゼ。

そこへ攻撃をしかけるオリオン・ゾディアーツ だが避けられる。

その後、フォーゼはオリオン・ゾディアーツを軸に回転し始める。

68


ユウキはその様子を見て笑みを浮かべる。

そしてフォーゼとオリオン・ゾディアーツはロケットによって、上空へと浮かび上がっていく。

天井を破壊し、外へ。

ユウキ)すっご~!


CM


ロケットによって飛んで行った二人。

着地しても、フォーゼはロケットによって振り回されている。

フォーゼは木に捕まって、また周りをまわっている。

そこへ攻撃を仕掛けようと走ってきたオリオン・ゾディアーツ。

偶然にもぐるぐる回っていたフォーゼのロケットを前から得撃するオリオン・ゾディアーツ。

後方へと突き飛ばされる。

フォーゼはオレンジの色のスイッチを戻すと、ロケット消え、普通の手に戻る。

フォーゼ)おっと・・・ 目が回った・・・

再度走って寄ってくるオリオン・ゾディアーツ。

フォーゼ)ああ・・・気持ちわりい・・・

と、いいつつも相手の攻撃を避け、攻撃していくフォーゼ。

蹴り、殴り、そして頭突き。

フォーゼ)他になんかねえのかよ?

次に青色のスイッチを。

ランチャー・オン

今度は右足青い箱のようなものが装着される。

69


フォーゼ)うおぉー!

ランチャーがついた足をあげ、地面に着地しようとした瞬間。

装填されているランチャーが発射され、体制を崩すフォーゼ。

70


どれもオリオン・ゾディアーツには当たらず、学校内の物に当たる。

フォーゼ)あぁ・・・しまった・・・!

そして歩み寄ってくるオリオン・ゾディアーツ。

と、そんな時に一番端の黒いスイッチからベルの音が。

フォーゼ)なんだ?

カチッ。

レーダー・オン

左腕にレーダーが装着される。

71


そこにあるモニターに映っているのは賢吾。

賢吾)レーダーで狙え。 学校を破壊する気か。

72


フォーゼ)歌星か。

向かってきたオリオン・ゾディアーツを適当に対応するフォーゼ。

賢吾)戦いに集中しろ。 今起動してる左腕がレーダーだ。 それでターゲットを補足しろ。

フォーゼ)わかった!

オリオン・ゾディアーツによって腕を掴まれ、放り投げられるフォーゼ。

フォーゼは背中のブーストの様なものを利用し、着地。

フォーゼ)これか!

レーダーをオリオン・ゾディアーツに向ける。

画面にはLockonと出ている。

フォーゼ)ロックオン! くらえ!

狙いを決め、再度ランチャーを発射。

73


見事、オリオン・ゾディアーツに当たる。

賢吾)よし。 接近戦だ。 右足のスイッチを交換しろ。

フォーゼ)オッケー! 右足ね。

ランチャーを消して、8と書かれたスイッチと交換する。

75


  Chainsaw

カチッ。

チェーンソー・オン

右足にチェーンソーが展開。

76


フォーゼ)おお! かっこいいじゃん。 行くぜ!

ランチャーを受けて体制を崩していたオリオン・ゾディアーツが起きあがるとすぐにフォーゼによって斬られる。

フォーゼ)おりゃ!

そして、宙で一回転し、オリオン・ゾディアーツを斬りつける。

フォーゼ)よーっしゃ!

77


攻撃されてばかりのオリオン・ゾディアーツは体の星を光らせ、エネルギー弾を射出。

フォーゼ)わああっ!

吹き飛ばされたフォーゼはチェーンソーを消す。

そしてたくさん飛んでくるエネルギー弾を避けて行く。

フォーゼ)何度も同じ手くらうかよ!

カチッ。

ロケット・オン

再度ロケットを展開。

そして上空に飛び、攻撃を避けて行く。もう使い慣れた感じ。

フォーゼ)こいつはなんだ?

上昇していくフォーゼはまだ触れていない黄色のスイッチを起動。

カチッ。

ドリル・オン

左足にドリルがつく。

78


フォーゼ)おう いいんじゃない。 よし! とどめだ!

賢吾)ちょっと待て!如月!

まだ展開しているレーダーから賢吾が呼びかける。

フォーゼ)うるせえ。

レーダーを消すフォーゼ。

その後、変身のときに使ったレバーを一度引く。

そして角度を調節し、ドリルを回転させる。

79


ロケット・ドリル リミットブレイク

フォーゼ)くらえ! ロケットドリルキーック!

オリオン・ゾディアーツは攻撃を放つが、避けるなりフォーゼはして、ロケットを使って加速し、オリオン・ゾディアーツの元へと急接近していく。

そのまま回転しているドリルがオリオン・ゾディアーツに直撃。

80


そしてオリオン・ゾディアーツを通り抜け、ドリルは地面に突き刺さる。

それによってフォーゼは回り続ける。

フォーゼ)わああっ!

回転が止まるころには、後ろにいるオリオン・ゾディアーツが爆発するのだった・・・

83


フォーゼ)ふう やったぜ。

転がる黒いスイッチ。

84




どこかの部屋に先ほど転がっていたものと同じようなスイッチを持つ男が映る。

???)そうか・・・ フォーゼが私の学園に。

男の目は最初の映った宇宙飛行士と同じように赤く光っている。

8586

その男の周りには先ほどフォーゼが倒した奴に似た姿をしている化け物たちの姿。

87



ユウキ)やったね!弦ちゃーん!

フォーゼの元に走ってくるユウキ。

フォーゼ)おお!

そしてガッチンガッチン手を合わす。

フォーゼ) ユウキ)イエィ!っしゃー!

二人して同じポーズを取る。

88


と、そこへ・・・

パワーダイザー

賢吾)如月弦太郎・・・

89


二人の前にはパワーダイザー。操縦しているのは賢吾。

フォーゼ)おう 賢吾。 やったぜ! まあ 俺様にかかればざっとこんなもんだ。

キュッ!と頭を指で滑らすフォーゼ。

賢吾)名前で呼ぶな!

賢吾はパワーダイザーを操縦して、フォーゼの腰部分を掴みあげる。

フォーゼ)うおっ! うおー!

ユウキ)え!? ちょっと!

フォーゼ)おい! 賢吾!放せー!

パワーダイザーによって振り回されるフォーゼだった──

90







仮面ライダーフォーゼ

91

弦太郎)あの怪物に変身した野郎を見つけりゃいいんだろ?
賢吾)君には無理だ。
ユウキ)ここは月。
弦太郎)やっぱ宇宙なんだ・・・
ユウキ)賢吾君のお父さんはここで死んだの。
弦太郎)絶対認めさせてやるからな。

青春スイッチ・オン!

                ──第2話 宇・宙・上・等──
92




フォーゼが来ましたね。

フォーゼはやっぱりあのようなキャラが変身するものですね。

賢吾君は・・・やっぱりお勧めできませんね。

いきなり多彩な武器を持つフォーゼ。

だけど、まだまだ弦太郎は頼りない所がありますね。

学園に転向してきた弦太郎ですが、次も同じ制服で生活ですかね・・・

どんだけ自由なんでしょうか・・・この学園・・・

そういえば、今回倒したオリオン・ゾディアーツですが、

公式のゾディアーツのページを見ると、剣と盾を持っている画像で映っています。

と、いうことはですね・・・もしかして・・・

さてさて、1話更新しますが、2話は更新しないんじゃないかな・・・

とりあえず、オーズよりしんどいです・・・

学園物だからでしょうか・・・会話が多いです・・・

月曜日も休みだったら、余裕を持って出来そうなんですけどね・・・

あれこれしてたら、もう2話が来て・・・

簡単に数行書くぐらいのことしかできないかも・・・

ただ、締めくくりの最終話は更新しないといけませんね。

93

それでは、また今度。

サヨ~ナラ~(0w0)o尸

スポンサーサイト
  1. 2011/09/05(月) 20:59:13|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フォーゼ 2話 | ホーム | 仮面ライダーオーズ 48話(最終回)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/599-417d2317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。