あのサヤ?どのサヤ?

──仮面ライダーについて書こう──

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仮面ライダークウガ EPISODE1 復活

この作品を 故 石ノ森章太郎先生に捧ぐ


3

遺跡の様な場所

そこでは赤い目をして赤い体をしている者、それと様々な化け物達がたくさんいる。

両者は争い、赤い目をした人物は様々な姿に変えて戦っている。

赤の体から青の体へ、青から緑の体へ、そして紫に。

色が変わるたび、それぞれの武器を持って戦闘をしている。

そして最後は赤に戻り化け物に蹴りをいれる。

その場にはその者だけが立っていて、他の物は地面に倒れている。

そして一人立っていた赤い目をした者は、

1

自ら棺に入り眠りについた──

2






─現代─

中央アルプス 九郎ヶ岳遺跡発掘現場 02:02p.m.

)春田そっち大丈夫か?

)大丈夫だけど、秋山さんこそ大丈夫なの?

)すっご~・・・あ、教授準備できました。

そこでは何かが刻まれている棺を前に調査団の人達がいる。

)こっちもオッケーよ。

機材がたくさんあり、棺を開ける準備をしている。

)さ、あけるぞ。

一人はその様子をビデオに録画している。

4


)はい。

電気を消して静かに棺を開けることに。


                 ─EPISODE1 復活─

棺を開けて行くと、その中には人が。

)こんなものがまさか日本に出るとわな・・・

もう動かないであろう人物は腰に何かベルトのようなものを巻いている。

)先生 これ「勝手に触ったら呪うぞ」とか書いてないですよね?

)もう触っちゃったよ。 下らんこと言ってないで手動かせ。

物静かだった現場に少し笑い声がこぼれる。

そんなとき、棺に入っている人の指先がかすかに動くいたのだった。




─新東京国際空港─04:05 p.m.

滑走路に一つ飛行機が着陸している。

その空港の外に一人の青年の姿。

青年)いきなりだけど俺さ、辛い時笑顔でいられる男ってかっこいいなと思ってる。 8歳の時にネパールっていう国のアンナプルナって山で遭難しかけた事があるんだ。 死ぬかと思って怖くて泣きたくなった。 けど、その時一緒に居た現地の案内人の子供が 俺と同じぐらいの年なのに、「大丈夫だよ」って笑顔なんだよね。 なんかかっこいいなと思った。

青年は空港の外で両手を顔に当てている子供に話しかけている。

子供が顔に手を当てているのは泣いているから。

青年)でもまあ、パパやママとはぐれたら心細いか。

5


青年は突然子供の前に座り込みお手玉をして見せる。

そうすると、泣いている子供は手を序所に離していく。

その様子をみた青年は子供に笑顔でサムズアップする。

子供も同じように笑顔でサムズアップ。

青年は子供に一つお手玉をあげる、とその時に。

警備員)お父さん!お母さん!

父 母)たかゆき!

警備員、そして子供の両親はいそいそと近寄ってくる。

父)もう 一人で行っちゃ駄目だっていったろ。

青年)よかったな。

父)お世話になりまして、どうもありがとうございました。

母)ありがとうございました。

青年)あ、いえいえ・・・

父)ほら、お兄ちゃんにお礼は?

たかゆき)ありがとう!

青年)なーよかったなあ。

父)心配したんだぞ。 どうもありがとうございました。

青年)いえ、ホントどうも・・・

たかゆき)ばいばい!

青年)ばいばい またね。

親子手をつないで青年の居る場所から離れて行く。

青年)さて! 俺も行くか。

横にあるバイクにまたがり、ヘルメットをかぶり、バイクを走らせていく。




─東京 城南大学者考古学研究室─11:28 p.m.

満月の夜。

携帯が鳴り響いている。

???)もしもし。 なんだマコトか。今忙しいから後にしてよ。

電話に出た女性はパソコンを前にキーボードを打ちながら会話している。

???)え?ないよ特ダネなんて。

パソコンの画面には最初に見た棺に描かれているマークなどの画像が映っている。

???)例の九郎ヶ岳遺跡の古代文字を解読するためにさ、世界のいろんな文明に似たような字がないか探してるとこ。

他に残っていた人は部屋を後にする。

6


???)はぁ? も~書いてるわけないでしょ 呪いの呪文なんて。

その時、その建物の外の壁によじ登る男が一人。

???)遺跡の文字なんてね、だれそれの棺にこんな埋蔵品をいれましたって目録みたいなもんなんだから。 新聞記者なら特ダネは自分の足で探しなさい。 じゃあね。

女性は電話を切る。

壁をよじ登っている男は建物の窓をゆっくり開けて行く。

カーテンを開けるとそこには先ほど電話をしていた女性が。

7

女性は席を離れて棚に向かっている。

よじ登っていた男は部屋に侵入し、女性の後ろへ。

男は顔に仮面をして女性の後ろで両手を上げる。

???)久しぶりで言いたくないけど、窓から来ないで五代君。

8


五代)いや、でもここは登ってくれって感じしない?

???)しないです~。 叱られるのあたしたちなんだから。

五代)ごめんごめん。

五代と呼ばれた男は仮面を外しながら謝る。

そして五代が喋っている女性は 沢渡 桜子

五代)はい。 これインドネシアの魔よけのお土産。

仮面を手前に持ち女性に見せる。

女性は振り返り、少し見ると歩き出す。

沢渡)まーた変なもの増えちゃったなぁ。 コーヒー飲む?

五代)あ、いい いい すぐ行くから。例の九郎ヶ岳遺跡。

沢渡)落ち着かないなあ 相変わらず。

と、そんな時パソコンから機械音が鳴る。

パソコンの画面には九郎ヶ岳遺跡で見つかった文字のところに、「死」と書かれている。

9
10


他の場所には「警告」と。

沢渡)何これ・・・? どうゆうこと?

五代)どうした?

沢渡)ちょっと見て。

五代はパソコンをのぞきこむ。

五代)死・・・警告・・・

沢渡)一応教えとこうかな 調査隊の人に話のタネにさ。

沢渡さんは電話を手に取り発信する。




調査員)もしもし! 警察ですか!? 九郎ヶ岳の遺跡発掘現場に! 助けて!!

男性の後ろで必死に声を出して助けを求めている女性。

男性は耳に携帯を当てているが、一言も発することができず、何かが近づいている。

そして悲鳴が上がる──


沢渡)もしもし?もしもし? どうしよ・・・

電話を切って五代の方を見る沢渡さん。

五代)俺確かめて電話入れるよ!

五代はすぐに扉を開けて場所を後にする。



─中央高速道 駒ヶ根インター付近─03:07 p.m.

雨が降る中バイクを走らせる五代。

信号が赤になって止まっていると、突然大きな音が左手から聴こえる。

そちらの方を見てみると、空に向かって光がのび、雷のように各方向へと広がっていく。

11


光が出ている場所では一人その場を歩く者。

12


その周りを飛んでいる光の弾。近くにある木に当たると、木がはじけ飛んでいる。

うなり声をあげながら歩き、立ち止ると、両手から光を出して空に手を向け、その後腰辺りに一度持ってき、そして光を前方に解き放つ。

光があたった地面からは多くの手が下から生えてくるのだった──

13




─九郎ヶ岳 遺跡発掘現場─07:31 a.m.

警察官の周りに一人サングラスをした人が周りを見ている。

彼の名は 一条 薫。

一条)落雷にしては被害が大きすぎますね。何かが爆発した可能性は?

14


男性)いや。気象台に確認しましたが、地震の記録もありません。

そんなやりとりを遺跡前でしていると、すこし離れた場所から五代は見ている。

五代はくずれた建物を見渡したりしている。

目をいろんなものに向けていき、遺跡の入口に視線を向けた瞬間、五代は後ろにのけぞってしまう。

驚いた五代は不審に思い、歩み寄っていく。



男性)しかし、調べれば調べるほど 謎だらけです。 長い間山岳救助をしてきましたが、こんなことははじめてですね。

五代)遅れて申し訳ありません!すぐに作業に取り掛かります!

五代は急ぎ足で敬礼しながら一条さんの後ろを通り過ぎようとする。

が、一条さんはすかさず五代の腕を掴む。

一条)何だね君は?

五代)やっぱダメですか?

一条)どうゆうつもりだ?

五代)死の警告。

15


五代の一言で表情を少し変える一条さん。近くにいた警察(亀山)が近寄ってくる。

五代)城南大学の沢渡さんが古代文字を解読した結果です。

一条)調査団の関係者の方ですか?

五代)いえ。 ただの通りすがりでこうゆうもんです。

五代は名刺を取り出し一条さんに手渡す。

亀山)夢を追う男 五代雄介?

五代)はい!

一条)羽山。

亀山)はっ!

一条)この方をパトカーまで。

亀山)はい! さぁ

五代)え?

一条さんに敬礼すると五代の腕を取ってパトカーまで連れて行こうとする。

腕を引っ張られ連れて行かれる五代は咄嗟に、

五代)あー!ちょっと待って!何だあれ!?

五代は大きな声を出して遠くの方を指さす。

周囲にいるみんなは五代の指さすほうに視線を向けている。

そのすきを見計らって五代は走り出し、遺跡の入口へ。

が、

一条)止まれ!

一条さんは先回りし、五代を止めようとする。

が、五代はそれをくぐり遺跡へ入ろうとするが、一条さんは五代の足を掴む。

足を掴まれバランスを崩した五代は地面に倒れて行く。

五代の顔が降りる場所に何かの機材が!

しかしギリギリのところで一条さんに服を掴まれ、あたることはなかった。

五代)・・・やるねえ 刑事さん・・・

ゆっくりとサムズアップする五代。

一条さんはサングラスを外す。

一条)公務出向妨害で逮捕するぞ!

五代)すいません。帰ります・・・

降参のポーズを取りながら歩く五代。

その時遺跡の入口から何か袋に入ったものを運ぶ人が。

袋の中には何か中央が丸く黒くなった物が運ばれている。

16


五代とそれがすれ違った時、五代の中に何か赤色をした戦士の映像が流れ込む。

男性)隊長!

隊長)何だこれは・・・?

袋の中に入っている物には棺で見たような文字が入っている。

五代)何だ・・・?今の?



─長野県警察本部─02:13 p.m.

県警の前に五代。

五代の元に息を切らしている沢渡さんが到着する。

五代)コンビニからファックスしたのわかった?

沢渡)とりあえず候補はいくつか出た。

ファックスの紙を取り出す沢渡さん。

17


五代)たとえばどんな意味?

と、そんな時、五代の乗るバイクのヘルメットを叩く人が現れる。

視線を向けるとそこには一条さんの姿。

一条)また会えるとは奇遇だな。

五代)あ!紹介しますよ。 例の沢渡桜子さん。

沢渡)え?

一条)あなたが?

サングラスを取る一条さん。

一条)いずれ連絡を取るつもりでした。




三人は県警の中の会議室のような場所へと足を運んでいた。

一条)これが問題のビデオです。惨劇の中で生き残ったのは これだけでした。

沢渡)みなさん・・・ 亡くなったんですか?

一条)調査団全員 ほぼ即死の状態だったそうです。

沢渡)研究室同士の顔合わせをしたばかりなのに・・・

五代)それで そのテープには何が?

一条)コピーしたものを見てください。 辛ければすぐに中止しますので。

一条さんは後方にいる婦警の方に合図を送ると、照明を消し、スクリーンを開いていく。

映像が再生されると、棺が落ち、悲鳴が上がり、そこにはいなかった存在が出てきたりと大変な騒ぎ。

必死に携帯で助けを呼ぶ声。 助けて!助けて!と声を上げる人。

だが、突然現れた人物によって無残にも殺害される。

18


映像が終わると照明をつける。

一条)あの謎の影の正体は不明です。 しかし、奴は最後にまるで誇示するかのようにベルト状の装飾品を叩きつけた。 それが私には漠然と気になるんです。 本来、証拠品の鑑定依頼には手続きが必要なんですが、それは私のほうでなんとかしますので。

と、言って一条さんは近くにあったケースから前回五代とすれ違ったベルトを見せる。

19


五代)あ! これ! これファックスで送ったやつ!

ベルトの側面にあるマークのような文字。

羽山)一条さん!

と、そんな時に亀山が登場。

一条さんは羽山のほうに近寄っていく。

亀山)事件です・・・ ~~

亀山が先に部屋を後にする。

一条)それはお預けしますのでよろしくお願いします。 申し訳ないんですが、ここで失礼します。

一つ礼をして部屋を後にする一条さん。

五代)桜子さん この古代文字の意味は?

沢渡)力。

五代)力?




─長野市 南長野─03:18 p.m.

ビルの建っている場所に複数のパトカーが到着する。

警官)南長野1532MKビル付近で謎の生物が巨大なクモの巣を張っています!

20


パトカーの無線を使って報告する警察官。

と、その時、クモの巣から化け物が降りてきて、警察官をさらっていく。

二人が連れされてしまい、厳重に警戒する警察官。

21


いつ下りてくるかわからない化け物に気を使う。

次に化け物はパトカーの上に降り立つ。

ズ・グムン・バ)ザボゾロザ
         )訳 雑魚共が

警察官達は声を上げながら拳銃を発砲していく。

ズ・グムン・バに命中しているのだが、彼は銃弾を体から離して地面に落としていく。

22


ズ・グムン・バは地面に下りると次から次へと警察官を攻撃していく。

怖さを感じた警察官はパトカーに乗り、その場を後にしようと車を走らせる。

が、ズ・グムン・バはそれを見逃さず、口から糸をはいてパトカーの後ろの窓を割り、そのまま運転している人の首に巻きつける。

遠い場所からパトカーにのびた糸を辿ってズ・グムン・バは近寄ってくる。





長野県警察本部の入口の手前にある階段を下りる五代と沢渡さん。

五代)とりあえず、そのベルトに書かれている文字を全部解読してみよう。

階段を下り終えて出ようとしたその時。

外から入口に突っ込んでくるようにパトカーが入ってくる。

パトカーはドアを突き破り、建物に入ると階段前で止まる。

警察官、五代、沢渡さんは避けていて被害はない。

その後パトカーの扉が開き、地面に下りる人影。

その姿を見た人達は小さな悲鳴を上げたり、驚いた入りしている。

23


ズ・グムン・バは辺りを見渡し、五代達の手前にあるケースから飛びでているベルトに目をやる。

ズ・グムン・バ)ボゼバ デスドン クウガ
        )訳 これはクウガのベルト

ベルトは突然光を放ち、五代は目をそむけようとする。

と、その時、また最初にあった赤色の戦士の姿がまた映る。

五代)また・・・! 何なんだ?

ズ・グムン・バは近くにいる警察官を殴っていく。

銃を発砲するもの、何もせず、近寄られると後ずさるもの関係なく攻撃していくズ・グムン・バ。

階段から発砲するものを攻撃するズ・グムン・バ。

階段から放り投げられ地面にたたきつけられる人を見ている五代は決断にでる。

そんな時、ズ・グムン・バは五代達の前に立った。

五代)桜子さん隠れてて!

その瞬間ズ・グムン・バは五代に飛びかかる。

五代はベルトのあるほうへと避けて行く。

沢渡)きゃっ! 何!?

五代)着けてみる!

ズ・グムン・バの攻撃をよけながら転がる五代。

五代は手に持ったベルトを腰に着けてみる。

と、その瞬間ベルトから眩しい光が広がっていく。

光が収まって生存している人は五代を見ている。

当の五代は苦しそうに顔をゆがめている。

沢渡)嘘・・・ベルトが・・・五代君の体に吸い込まれた・・・

五代の腰のあたりは服がやぶけており、体は赤くなっている。

24


着けたベルト自体はどこにもない。

ズ・グムン・バは苦しんでいる五代に容赦なく襲いかかる。


外へと投げ飛ばされた五代。

転がっている五代を掴み立たせ、殴り、その後は大きな車に背中をガンガンぶつけて行く。

最後は首を絞められ投げ飛ばされる。

25


五代)やられる・・・! このままじゃ・・・死ぬ!

五代は近寄ってきたズ・グムン・バに対して思いっきりパンチをしてやる!

後ずさるズ・グムン・バ。

そのズ・グムン・バを殴った左腕は全く変わった姿になっている。

26


五代)変わった・・・!

その後五代は右手、右足、左足と、攻撃していくにつれて、その部分が変わっていき、胴体、顔、そして最後にベルトが出現する。

27


現場に駆け付けた沢渡さんはその姿を見て驚く。

五代自身の姿は全くなく五代が見た映像の赤い戦士とは違った白い格好をしている。

28


五代はすぐに膝をつき、息を荒らしている。

ズ・グムン・バ)ヅボグ リジバブ バダダバ
         )訳 角が短くなったな

自分の手を見て、姿が変わっていることを確かめる五代。

だが、ズ・グムン・バはそんな時にラリアットをかます。

直撃したクウガは背中を地面につけ、立ち上がるが、ズ・グムン・バによる攻撃により、吹っ飛ばされてしまう。

近寄ってくるズ・グムン・バに対し、クウガは横にある車を押してズ・グムン・バに突撃する。

29


車は見事ズ・グムン・バを捉え、そのまま後方へと押していき、壁に激突する!

が、ズ・グムン・バは壁と車の間に居て、余裕である。

ズ・グムン・バ)ゾン デキゾバ クウガ
         )訳 その程度かクウガ

逆に車を押し返されてしまう。

クウガは咄嗟に車の横にでて回避する。

が、ズ・グムン・バは姿を見せたクウガに対し口から糸を出して左腕に巻きつける。

クウガ)うわぁっ!

ズ・グムン・バは飛び上がり、クウガを糸で操って高い場所にある壁に激突させる。

そして糸を離して落下させようとするが、クウガは横にあるパイプを手に取り、そのまま落ちそうになるが、すぐに近くにあった階段の柵を掴む。

なんとかして這い上がり、屋上に上るクウガ。

ズ・グムン・バは壁を登って屋上へ。

息を切らしているクウガに向かってゆっくりと歩き出す。

道中でズ・グムン・バは手についている角のような爪を伸ばす。

壁に寄り掛かっているクウガに攻撃をしかけてくるが、なんとか避ける。

30


距離が少しあくのだが、ズ・グムン・バは攻撃を緩めず、蹴っていく。

そしてクウガの白い腹部を踏みつけて雄たけびを上げる。

31
33


ズ・グムン・バ)ヴォオオオオオオ!

クウガはズ・グムン・バの腰辺りを蹴ってなんとかどけて立ち上がる。

が、ズ・グムン・バはすぐに糸をはいてクウガの首元に巻きつけて行く。

息が上がっている五代はなかなか抵抗できず、繋がっている糸を使って移動させられ、屋上の端へ。

上半身の下には地面といった姿になっている。

そしてズ・グムン・バはいくらか攻撃し、クウガの首をしめる。

ズ・グムン・バ)ゴパシザ クウガ
         )訳 終わりだクウガ

と、そんな時。すぐ近くを飛ぶヘリが現れる。

34


ヘリの中には一条さんの姿が。

必死にズ・グムン・バの腕を掴んでいるクウガが見える。

32


一条)二匹!?

一条さんはヘリの中から銃を構えて狙う。

5発。

クウガとズ・グムン・バの辺りを撃っていく。

最後の一発はズ・グムン・バの頭部に当たる。

ズ・グムン・バは標的をクウガから一条さんに変えて、糸をヘリに巻きつける。

そして糸を登ってヘリの中へ。

ズ・グムン・バに対し発砲する一条さん。

しかし、全く効いてなく余裕なズ・グムン・バ。

伸ばした爪を顔部分を攻撃しようとするがなんとかして避ける一条さん。

次の攻撃が来る!と、そんな時に、ズ・グムン・バにクウガの姿。

なんとかズ・グムン・バを押さえて外に投げ飛ばそうとするが一緒に外へ。

しかし、落下せずヘリになんとか捕まりぶら下がっている。

35


クウガの体を掴んで維持するズ・グムン・バ。

暴れているのでヘリの操縦がなかなかうまく出来ず、高度が下がっていく。

なんとかヘリの中に登ろうとするクウガ。

だが、ズ・グムン・バは飛んで別のところを掴みヘリの中へと入ろうとする。

クウガはそれを阻止し、相手をヘリの床に押し付け攻撃する。

が、逆にクウガが床に押し付けられるが、一方的にクウガが殴っていく。

その攻撃によってヘリから落とされたかと思ったズ・グムン・バだが往生際が悪くまだぶら下がっている。

隙間から見えるズ・グムン・バを蹴るクウガ。

が、ズ・グムン・バはヘリの下へともぐり、姿を消す。

そのまま移動して、一条さんの背中を取り奇襲する。

落とされそうになる一条さんの足を掴んでなんとか阻止するクウガ。

もう一条さんの上半身はヘリから出ている状態になっている。

なんとかクウガは立ち上がりズ・グムン・バの顔を一発殴ってやる。

そうするとズ・グムン・バは一条さんから離れ再度外へ。

一条さんを元の位置に戻すクウガ。

が、またズ・グムン・バはヘリの下を移動してクウガの背後に移動し、奇襲。

背中を掴まれ落とされそうになるが、クウガはエルボを何発かし、最後に正面を向いて殴り、蹴って蹴る!

その攻撃によりズ・グムン・バはヘリから落下する。

屋根に落ち、屋根を突き破って中へと落ちる。

クウガはそれを確認すると一条さんの方を向く。

一条)俺を・・・助けた?

クウガの素顔を知らない一条さんに向けて、

サムズアップをするクウガ。

36


一条)お前は誰だ?

クウガ)じゃあ。

クウガはヘリから飛び降り、屋根へと降り立つ。

ヘリに残った一条さんは自分の手でサムズアップしている。

そのサムズアップに気づいた一条さん。

一条)まさか・・・

クウガはその場を去り、一条さんを乗せたヘリもまたその場を去るのだった──

37




─次回の仮面ライダークウガ─

一条)あの未確認生命体第1号と第2号は 両者とも死体すら確認されてない 
    まさか 第3号?
    バカ!何を!
五代)俺が見たイメージの中では 戦士は赤い体をしてた けど、俺が変身した時は白い体だった。本当は赤じゃなきゃいけなかった気がするんだ。
    こんな奴等のために、これ以上誰かの涙は見たくない! だから! 見ててください! 俺の・・・変身!!
    クウガ・・・クウガか!


                  ─EPISODE2 変身─   
スポンサーサイト
  1. 2011/10/12(水) 18:26:20|
  2. 仮面ライダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S.H.F 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ | ホーム | CLAWsセット 発送日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kilyasilyantosaya.blog92.fc2.com/tb.php/607-542376c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。